成功する結婚は 事前マインドセットがすべて

結婚前に必要なマインドセットってなに?

女性が結婚を意識するとき

女性が結婚を意識するときというのは、

こんなときです。

今まで肩肘をはってでも一人で頑張り抜いてきたけれど
少し、寄りかかる存在がほしくなったとき

経済的拠り所を得て
もう少し老後に向けて
お金にゆとりがほしいと思ったとき

闘う人生でなく 味わう人生を始めたいと
考える時

いうなれば、試練からの解放です。

flower

しかしながら
男性のそれは 大きく食い違っています。

どんなときに 男性は結婚をしようと思うのでしょうか。

 

男性が結婚を意識するとき

男性は結婚により
精神的にも実働的にも

自分の仕事での成功に寄与してくれる
女性の献身を求めて
結婚を望みます。

多くの男性は女性が
きちっと家事をするか
子供を賢く育てるか
見ています。

たくさん稼いで成功し
いい遺伝子を残す意味から
それらは本能的に重要なのです。

 

古くさいと否定することは

あまり意味がありません。

彼らにとっての結婚は
ある意味では
本気の人生の始まり
試練のスタートなのです。

ですから、多くの既婚男性は
こんな風に言うのです

もう結婚したら仕事に必死だと。

これは男性の本音だと思います。

 

 

甘い恋愛の延長に結婚があるわけでもない

つまり男性があなたにプロポーズするときは
あなたを妻に相応しい、これからはともに

同じゴールにむけて

闘ってほしいと望んでいるといえます。

非常に現実的です。

女性が言う大恋愛の末の結婚と

だいぶずれています。

 

 

結婚前、女性に必要な本当のマインドセットとは

男性の結婚観を把握し、

自分がどうしたいよりも

人にどう思われるかと

人をどう良い気分にできるのか

 

婚活とは 相手目線から見た自分の価値を上げる活動

と、まずはマインドセットします。

ここが この先
とても大事です。いい人を探している限り、

皮肉なことにあなたの見られ方は

さもしくなっていってしまうのです。

 

いい人を探すという行動は

出会うひとをいい人と非いい人に

選別して

要らないものを捨てる作業なので

そのこころは

どうしても その方の人相を悪くします。

お見合いやパーティーで
かっこいい人にだけ

にっこりし

 

論外な人に

すげない応対をして

通り過ぎる女性の横顔は

意外なことに

 

その女性の理想とする

素敵な男性の目に留まっています!

見られています!

そして

性格の悪い女性と判断され、理想の男性の考える

パートナーのターゲットから外されているのです。

 

そのようなことで

せっかくキレイな女性なのに

何年かかってもご自身の理想を

手に入れられない方が

多いです。男性ばかりでなく、仲人への応対も

意外にご自身の良縁に影響します。

 

本人が 

なんで話にならない人にまで

おカネを払った仲人にまで感じ良く

にっこりしないといけないの?

という考え方を変えない限り

その方はゴールにたどりつけないまま

 

年月を費やし続けます。
女性の社会性は 男性が伴侶を選ぶときの
一番のポイントです。そこが恋人選びと大きく

異なる点になります。

 

 

自分が先に選別する婚活は 何年やっても実らない

結婚するからにはしあわせになるべきです。
そうであれば

望まれて大事に守られてという意味で 

いい人からプロポーズされていただきたい。

恋愛という不安定なときに
その人が結婚向きかどうかを考えるのは
結構難しいです。

大恋愛というわけにはいかなかった
からと言って、こんなもんかな、ちょっと

寂しいな、こんな感じで結婚が決まって

いいのかしら?と

肩を落とさないでほしいし、むしろ極上の

選択をできてこの先が楽しみだと思ってください。

大事なことは
長く穏やかないい人生を
パートナーと過ごし、ともに成長することです。

 

大恋愛での結婚にこだわらないことが一番のマインドセット

結婚は始まる前に盛り上がるよりも

50年先、60年先まで どんどん盛り上がって

価値を上げていくべき関係性です。

 

お見合い結婚が恋愛結婚よりも別れづらいのは

そのためです。

 

最初のイメージにこだわらず、

大人として人生のきめごとをクールに決めることも

賢い決断の一つだといえます。

 

 

恋愛は恋愛ですべきです。

もちろん、恋愛はしたくてするものでは

ありません。

 

そんなもの、苦しくてせつなくて

いやなのに、気づいてみたら

恋に落ちて一喜一憂します。

 

恋愛は風邪と同じです。引きたくなくても

もらってしまうことがあります。

結婚は 参加者のみが走るマラソンと同じ。

なにも、休みを返上して 走らなくてもいいのに

みずからそのマラソン大会に出場を申し込み

準備して 望むのです。

 

 

ですからそのふたつは 似て異なるもの

と覚悟して考えるのが

必要なマインドセットです。

 

他者の満足を

自然に創り上げられる人は

幸せをつかみます。

 

 

いい人いないなあというときは 自分がまだいい人になれていない

 

結婚の満足度は あなた自身の生き方が88%

相手からの影響が残りの12%くらいなものです。

 

若いときは 相手選びが大事と思いがちですが

30年すると相手選びよりも自分の生き方が

左右するのだなと気づきます。

 

違った価値観を持つようになります。

相手選びはそれほどだいじではなく

ご自身の生き方どおりに関係性は変わる

ということです。

 

ご自身が変わることで

相手もいいほうに変わります。

スタートの相手を完成品と間違わないように

しましょう。

 

また、鏡が正直なのと同じように

今の自分に相応しい人があなたに

近寄ってきていると考えると

まちがいません。

 

たとえば、お見合いで申し込んで来る人が

論外な人ばかり・・とイライラするなら

私はこういう人に ちょうどいい

と思われているんだ

と冷静に捉えるべきです。

 

ご自分の生き方を他者依存から

本当の意味での謙虚に変えると

びっくりするほど

オファーをしてくる男性の層が

変わるものです。

 

婚活達人のしていること3つ

ここまでをまとめ、婚活疲れすることなく

上手に幸せをつかんでいく婚活達人のしていることを

3つ上げてみます。

 

彼女たちは 特に絶世の美女というわけでも 派手でもなく

自分らしく 背伸びも謙遜もせず 上手に世間を渡り歩いている

人達です。あまり踏ん張りすぎることもしませんが

短期でなく中長期に強く活動ができる特徴があるのに

なぜか3か月ほどで ぱぱんと婚約されていきます!

 

婚活達人の特徴

 

約束をきちんと守ります。

礼儀正しく謙虚です。

職場でも上司から同僚、後輩からも 好かれています。

 

そのような婚活の達人がそろって

とる行動の特徴は以下のとおりです。

 

1.自分の魅せ方について 自分の好みを一度捨てることができる

自分の好きな服、ヘアスタイルでなく
男性の好みを徹底的に実行する
ありのままの私を好きになってくれる人

という考え方は ややもすると
男性心理とかけ離れる危険があり

いい人とのご縁を逃します

2.婚活とは「探す」ことでなく
いかに私の存在を「探してもらえるか」に

フォーカスしている

謙虚さと相手へのリスペクト
男性が妻となる女性にまず求める
大事なポイントです。

 私程度の女性なら世の中にごまんといる

 くらいに思っておくのでちょうどいい。

3.今、いい結婚をしたい
どうしても今年中に決めるなどと、

期限を決めて努力している

いい人がいるまで探そうとすると

たぶん寿命がつきてしまいます。

婚活は容易に10年選手になってしまい
費用がかさむばかりか
年齢とともに 対象となる男性が減ります
(それは、既婚者が増えるという意味で。もしくは

生存者が減るという意味で。)

短期決戦で行くと覚悟している人は
たとえ断られることがあっても
すぐに気持ちを切り替えるので
いいご縁を自動的に引っ張ってきます。

bird

最後にまとめると

見た目以上に幸せになるのが上手な人
というのは このような婚活での男性からの

見られ方のポイントを押さえている人です。

いいかえるとマイペースでなく
ユアペースでも生きられるという
大人の女性のこころのゆとりです。

その余裕あるスタイルが 外で死にもの狂いで

働いて帰る企業戦士には

たまらなく愛しいです。

 

早く帰って奥さんや子供に会いたいという

家庭の魅力なるのです。

 

 

エレガントなあなたにふさわしい 素敵な男性をふり向かせる魔法のしぐさ 花嫁プレスクール メールレッスン

PCメール
携帯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事