服と写真を変えただけでお見合い0→月4回

服と写真を変えただけでお見合い0→月4回

きょうは、お写真のポージングを
少し斜めにひねっただけで 
それまで厳しかった40代の女性に 
お見合いの申し込みが 
とまらなくなったお話をします。

横笑顔

素の自分より好かれる自分

「ありのままの自分」 「素顔のままで」が、
婚活においてはいかに危険か 

少し工夫をして 「キレイに魅せる」ことで 
どれだけ運命を変えられるか 
についてお伝えいたします。

お見合いは、 
お写真と身上書を見るところから
スタートします。 

ふたつが同じ封筒に入っていたら
あなたなら、どちらを先に 見ますか?

写真・・ですよね? 

あら、いい感じじゃない 
どれどれ・・と 
おもむろに身上書を 
チェックするのでは ないでしょうか? 

男性であれば
 お写真への期待度は もっと強いです。 

多くの男性は面倒くさがりだから 
身上書の細かいところまでは 読まない。 

まず、お写真、
それもお顔を見て 
雰囲気で決める このときの
ぱっと見の雰囲気というものに 
細心の心配りをしていただきたい のです!

お気に入りのあなたらしいお洋服をお召しなら
確かに 似合うし素敵です。

しかし、そのあなたらしさは
男性側のお嫁さんにしたい女性の
イメージ通りでしょうか? 

PAK88_tewotunagiarukuyokohama20140301-thumb-autox1500-16796

男性にも 人それぞれ 好みがあります。

会ったこともない男性の 
女性の好みを知ることは 不可能です! 

そこで、作戦としては

一般に男性が嫌とは言えなくなる
多くの人に好まれるゾーンを
最初は狙います。 

女子力‼・・と決めつけられると 
またか!と反発したくなる
お気持ちも わかるのですが

女らしさとは、 品のよさだったり
優しいこころ の表現。男性の求めている

色気とは、品の良さとたおやかさです。
品がよくて優しそうな人を 
大嫌いな人は まずいないのです。

いいなと思う人をはずさないためには

あなたらしさは、
今しばらく置いておいて 
優しさ、あたたかさを 伝えることに
着目してみましょう。

ある方は、
上質なテーラードジャケットに パールのネックレス
とても知的な感じに 撮られました。

年配の仲人には 評判が良かった・・・。 
でも、肝心の男性のうけは 
今一歩伸びなかったのです。

なぜか? お仕事のできる
クールなイメージが 
美しいけれど 
冷たい印象になって しまっていました。

その後、女性らしい華やかな お洋服で、
ポージングも ソファにかけて 
身体をひねったり 
肘掛けに手を 
優しくそえたり 

綺麗な脚線もうつるような
アングルをとったり 工夫をして 

写真の差し替えをしました!

するとどうでしょう! 

月に一度、彼女の好みではない 
男性からのお申し込みしか 
入らなかったのに 

お見合いが途切れなく舞い込み 

一気に 選ばれる側から選ぶ側に 
変わったのです。 

結婚したい男性が女性に求める イメージは
緊張でもスリルでもなく 

癒しや包容力、安らぎです。

中身で勝負と思っても 
フェミニンはキャラに合わない 
と感じても 
そこを、今得たい目的に 合わせて
賢く使い分ける器用さが 

人生を思い通りにするために 必要なのですね。 
見た目で大事なのは、あなたを理解してもらうより

先に好かれることです。

エレガントなあなたにふさわしい 素敵な男性をふり向かせる魔法のしぐさ 花嫁プレスクール メールレッスン

PCメール
携帯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事