結婚のコスパ・結婚に踏み切れない本当の理由と誤解

 

結婚から始めるしあわせな人生のガイド

村田弘子です

 

 

ずっと婚活を頑張ってきたのに いざとなると、結婚に踏み出せないで断ってしまう・・そんな経験のある女性も多いのではないでしょうか?

なにが彼女たちを不安にさせているのか、よく耳にする婚活する女性たちの本音と、その考えは現実なのか誤解なのかを既婚者の立場から考えてみることにしました。

 

 

結婚はキャリアの妨げになる 会社での競争に負ける

 

とあるトークセッションの場で、33歳の女性がこんなことを話したのを耳にした経験があります。

「つき合っている彼から結婚してほしい、子どもも欲しいと言われました。でも、今子どもが生まれたら、これから始まるプロジェクトに力を発揮できなくなる。わたしは、会社に自分の名前を残して死にたいんです。」

 

結婚出産よりも、会社に在籍中にいかに高い実績を出すかを彼との子どもを設けるよりも優先したいというお考えです。

 

しかし、本当に結婚は仕事のあしかせになるでしょうか?

facebook COOのシェリルサンドバーグ氏は、お嬢さんがありますし、5時には退社すると言われています。朝、お嬢さんを保育園に預けるとき、「ママ行かないで」と足に絡みつかれて、これでいいのかと悩むとも話しています。彼女はプライベートな役割と会社での活躍の両方を人生に取り入れる決断をしただけで、ごく普通の保育園のお母さんでもあるのです。

 

やると決めたら、仕事はあしかせどころか、むしろ母親業を通して培われる精神力や家族統率の力が、その後の社会での活動に大きく役立つとも言えます。また男女とも、既婚者は残業を減らそうと仕事の効率を上げる努力をするので、逆にいい仕事をすると見る見方もあります。

 

本当に子どもが仕事の負担になる期間は、せいぜい生後の6年くらいのこと。なにごとも人生の大変さは一生は続きません。出産の痛みも一昼夜なら 夜泣きの子どもに悩まされるのも 長い人生のうちのほんの数か月です。これは子育てだけでなく親の介護を考えてみても同じことなのでしょう。

 

(画像出典:TED.com 2010/12/21)

https://www.ted.com/talks/sheryl_sandberg_why_we_have_too_few_women_leaders?language=ja#t-3694232

 

 

自由な時間がなくなる?

 

交際中は 週末かなりの時間を二人だけで過ごしたりするかもしれませんが、実際に結婚すると休日も、家事など一緒にこなしながら それぞれしたいことをするようになります。むしろご飯など デートしなくても日常一緒に食べられるわけで、自分だけの時間も 考え方によっては独身のときよりもとれるかもしれません。

 

家事に追われて仕事と両方でへとへとになるのでは?と思われる向きもありますが、これも心配しなくて平気です。

独身のときご自身の身の回りをひとりでしてきたのなら、結婚したら家事の負担は今までより減るのです。

 

子どもができたら、子育て、受験のお世話などでやはり自分に構えなくなるのでは?

確かに 子どもが生まれると忙しくはなりますが、お金に換えられない楽しさとあとは大きくなってこちらが年老いたとき、面倒を見てもらえる安心があります。

 

 

夫婦というものは、土日にべったり一緒にいるべきということもないですし、むしろ婚活の場に出ていく時間やお金がいらなくなり、先の不安ではなく確かな将来設計ができるようになる点で、解放され、前向きな計画が立てられるようになります。趣味も勉強もおつきあいも、結婚して狭められることはありません。

 

100年までの老後をお互いに支えあえると思えることは、精神的な自由につながります。

 

婚家とのおつきあいがわずらわしい

 

結婚すると相手の両親との関係に疲れそう、相手の両親の介護がいやだと考える女性もあります。

息子は優しくてもお母さんは怖いということもありますので、交際中に何度かおうちの方とお会いしておくことは大事です。

 

プロポーズの話が出る前に、気楽な立場で一度でもお会いしておくと、自分にやれそうか無理そうかはわかりますね。お見合いであればなおさら、早めにご両親を紹介しあうことは大事でしょう。どうしてもうまくやれなそうな親御さんであれば、付き合い方をふたりで話し合うのが良いでしょう。大事な息子を取られるようで、今は寂しいと思うのが本音でしょう。あなた自体を嫌いなのではないはずです。

 

ひとりっこが多いので、介護のときに協力しあえる結婚は、むしろ負担よりも助かる気もちになれることも。

最愛の親を看取ることは とてもつらいこと、そのときに寄り添ってくれる存在はとてもありがたいです。

 

高齢者, 公園, 残りの部分, 老夫婦, レクリエーション, 古い, 湖

 

 

貧乏になる お金が自由に使えなくなる 高級化粧品が買えなくなる

 

これは年収300万の男性と結婚したら専業主婦になりたい女性の結婚の場合では、そうなることもあるかもしれませんということなのです。

 

年収300万というと 7、8万のおうちを借りて 月55.6万のお小遣いを使える暮らしです。東京で一人で暮らしていける数字です。もし片方が仕事をやめると二人での生活は独身時代より確かに厳しくなります。

しかし、300万同士が結婚して 共働きをすればどうなるのでしょうか?

 

ふたり暮らしの支出は 一人の支出の1.3倍程度ですので、600万あると、今より広いところにも住め、むしろ生活のランクは上げられるのです。

そこを無視して、男性の収入は800万欲しいと決めつけると縁遠くなることになります。

 

好きな人と生活を一緒にでき、味方でありつづけられるというお金に勝る安心が結婚の豊かさであり、実際に経済面でも一緒に暮らすと余裕が生まれるのですね。

 

まとめ

 

結婚に対するイメージは 両親の結婚や兄弟、友人の結婚やお話からできてくることもありますが、しょせんそれは、ご自身のことではなく、ほかの人の結婚の結果。同じことは起こりえません。

 

結婚すると束縛されるというような、ネガティブイメージもいらないですし、結婚したら妻が全部家事をしてくれると過信されるのも困ります。

 

ふたりとしては、こんな感じがいい感じという釣り合いの取れた地点を、ゆっくり作ろうくらいののんびり気分で、楽しんでいっていただきたいです。

 

婚活のときに、結婚後をイメージすると いいご結婚が叶いやすいと言われます。

詳しいイベント セミナーのご案内はこちらから配信しています。↓

 

 

 

 

 

 

エレガントなあなたにふさわしい 素敵な男性をふり向かせる魔法のしぐさ 花嫁プレスクール メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事