婚活がうまくいかない2つの理由 お金とマインドを解決する方法

婚活がうまくいかなくて疲れた。

このまま結婚が決まらないかもしれない・・

と不安に思ったことはありませんか?

 

お金と結婚の専門家が、不安を安心と希望に変える解決をします。

 

婚活がうまくいかない根本は、お金のリテラシー不足とその方のマインドです

婚活がうまくいかない人の共通項は、お金に対する正しい知識がないということと、結婚して幸せになるマインドが欠如していることです。

 

 

これらは、二つとも後付けできる問題です。怖がらずに諦めずに、お金の正しい知識を学んでいきましょう。それができると、本当にあなたを幸せにする男性を見抜けるようになります。

 

 

 

 お金の問題は基本を学ぶことで解決するのが安心

婚活に限らず、お金を増やしたいと思ったとき、なんとなく人から耳にした、さまざまな方法、不動産投資とか、ビットコインとかFXとか、いきなり上級者レベルのものを、その商品の仕組みを知らずに購入することは、これから結婚しようという方には向きません。ハイリスクハイリターンな商品に手す前に、そもそも、お金の増やし方にはどんな種類があって、どれがどのくらいの危険があるのか、把握すると、将来のために何をどのくらい用意すべきなのかが見えてきます。

 

それから、お金の基本を知ると同時に、そもそも結婚するとお金のことは どう変化するのか、結婚するとお金がなくなるのか増えるのか、そのあたりも正しい知識を把握しないと、誤った結婚観で相手を選んでしまうことにもなるでしょう。

 

自分と同額より低い収入の男性と結婚すると 貧乏になる・・というような思い間違いですね。そのように思うと、40代50代の女性のしあわせな結婚はかなり幅が狭められチャンスを失うことになります。

 

大人であれば、もっと結婚生活の実際を見て、判断していきたいところです。何が豊かさか何が人の幸せなのかという価値観ですね。

 

 

 

男性はお金の価値観の合う人、稼いだお金を増やせる人を妻に選びたい

バブルがはじけてからあと、ぜいたくをするきらびやかな職業の女性をお嫁さんにしたいと男性は、あまり思わなくなってきている傾向があります。

 

バブル時代の、お嫁さんにしたい女性の勤務先ランキングには、マスコミや航空会社などが上位にランクインしていましたが、今は、「いいところの出の自慢できる美人な女性をお嫁さんにしたい」という意識の男性は、ハイスペック層にもおりません。「一緒に稼ぎ家計にも協力してくれると助かる」という結婚の実利を重視する男性が増えているようです。

 

実業家, カウフマン, タブレット, アイコン, ビジネス, マーケティング

 

有名女子大卒がお嫁さんのブランドでも、成功男性のアクセサリーではなくなりました。お見合いですら、共学限定という男性も現れています。

 

そんな傾向の本質は、「先の読めない時代だからこそ、堅実に二人で協力して資産を育て、生活防衛をしたい」という安定い志向だと言えるのでしょう。

 

さらに、ぼくの稼いだお金を大事に増やしてくれる、そんなお金のリテラシーのある賢い女性と結婚したいと男性は話します。

いい男性と結婚するために、また結婚したあとの豊かさのために、結婚相手を決める前に、お金を増やすリテラシーを学ぶのが順番としては良さそうです。

 

男性は、豊かに慣れる女性と結婚したいのです。

 

 

 

婚活のときがいちばんいいお金のリテラシーを学ぶ時期

花嫁プレスクールはファイナンシャルプランナーである私が、お金の増える婚活を授業のなかで展開してきましたが、

マネーセミナーとして 婚活資金を作る方法と、結婚とお金の関係をわかりやすく理解できるようになる、相談コーナーを作りました。

 

 

お金と結婚相談デスク

 

★村田弘子プロフィール★

 

 

24歳の時、お見合いで老舗会計事務所の2代目に嫁ぎ、

子どもを3人以上、男子を必ず後継ぎに

と両親に言われ、事務所の経理と子育ての20数年の日々。

 

あるときクライアントさんから、

「うちは、あなたの義父さんのご紹介で

結婚したのよ。うちの娘にも誰かいい人いないかしら?」

と言われてことから

 

税理士の舅が、ご縁つなぎもしていたことを思い出し

嫁が継ぐ形で しあわせ相談倶楽部を開設。

 

以後、質のいい結婚をめざす

花嫁プレスクールを開校。

 

結婚だけでなく その方の人生全体を

豊かにする人生のプロデュースを

手がけています。

 

 

 

 

エレガントなあなたにふさわしい 素敵な男性をふり向かせる魔法のしぐさ 花嫁プレスクール メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事