年齢差5歳以内の彼氏と結婚する方法

 

あなたは普段、婚活でお相手の方との年齢差を何歳上までOKにしていますか?
もしくは、±〇歳まで、というように年下も最初から入れて検索しますか?

 

もし、あなたが年齢差が気になるほうならば、「ぶっちゃけ、5歳以上年上の彼氏とつきあったことはよくわからないけど、なんとなく話が合わないと思うんだよねー」「おじさんと付き合うと自分が老けて見られそうなのがいや」「定年まであと少しだと、お金が寂しい感じがする」という人は多いのではないでしょうか。

 

また、なんとなく±5歳と書いているけど、40代で元気のない男性もいれば、50代なかばでカッコいい人もいるし、給料がはいらなくたって、資産がいっぱいある人もいるし、若死する人もいるし。これって本当は年齢で人を切る意味があるのかよくわかんないやという人もいるのではないでしょうか?

 

 

そうなんです、なんてもったいない!今までチャンスをどぶに捨ててきたかも・・!

 

なぜなら、婚活はちょっと条件の視野を広げて変えるだけで、一気に可能性の幅が広がる世界だからです。

ちょっとご飯を一緒に食べたり、ちょっと相手の優しさを知るだけで、「へえええ、5歳よりもっと年上の男性ってこんなに優しいんだ!こんなにエスコートが上手なんだ」という発見ができるかもしれないからです。

 

それでも、いやいや、どうしても私は若いほうがいい、±5歳にこだわりたいんです!

 

というアラフォー女性のために、きょうは、村田弘子が年齢差5歳以内の彼氏と結婚するウラ技をご伝授いたしましょう。

 

 

 

動画でご覧になる方はこちら

 

 

 

そうは言っても、厳しい現実は知る必要があります

ご存じのように、アラフォー女性が年齢の近い男性と結婚目的におつきあいすることは、それほど簡単ではありません。

なぜなら40代男性は、生涯のなかでいちばんのモテ期にあり、20代も30代も40代も、みんな、イケてる40代男性に恋をする可能性があるからです。

 

それでもなお、目の肥えた40代女性は、自分に自信があればあるほど、年齢差の少ないところで手を打ちたいと考えるもの。

婚活の難しさって実は、その男女の年齢希望のギャップからくるものだったのですね。

 

このように、男性は10歳年下がいい、女性も若い人がいいと言い張って譲らないのですが、それでも・・

 

 

 

 

申し訳ございません。年齢以外の条件は緩やかにお願いします。

アラフォーのあなたの結婚観のなかで、年齢差が5歳以内ということが、あまりにも大きいのであれば、ここはいっそ、他の条件、身長とか体重とか職業とか年収とか・・そのような、年齢差以外の属性について、目をつぶる覚悟は持っていただく必要があります。

 

もしも、年齢差は5歳以内だわ、イケメンだわ、お金もちだわなどと言ったら、その男性はわざわざ40代の女性を選ばなくても、20代後半の女性がいくらでも寄ってきます。

 

そうなると、若い女性の方にイケメンは行ってしまいますので、年齢差をとって、ほかのことは目をつぶってください。

 

あなたが高収入なら、相手の年収はそこまで関係ないのでは?

あなたが結婚をワクワクドキドキの恋愛の果てにしたい方針なのであれば、年齢差も少なくてカッコいい彼と、一緒に住まうだけでも、十分気分はサイコーなはずです。もう約束しなくても、毎日会うことができます。

 

結婚を好きな人とともに住むこととシンプルに考えたら、なにも「私が高給取りだから、相手もそれ以上に高給取りでないと嫌よ」と考える必要はないのです。年齢差のない好きな人が毎日自分のところに帰ってきて、一緒の空間で過ごせます。どんなに贅沢なことでしょう。仕事の疲れも吹っ飛びますね

 

 

 

 

実際に月収800万の女性が400万の男性と結婚したら、経済的に貧しくなるのか見てみます

給料800万の女性は、同じく800万以上の給料を取る男性と結婚しないと、釣り合わない、自分の稼ぎを使われてしまうというように勘違いする方は多いです。

 

しかし、単身世代の男女が、別に暮らす場合の生活費の合計は、それぞれの合計よりも低く抑えられるのですね。

10万の生活費の男女ABが結婚して所帯を持つと、生活費は20万にはならず、実際には1.4倍~1.5倍くらいと言われています。生活費は、二人が一緒に暮らすことで2倍になるのではなく、むしろ一人単価で考えると節約できるのです。

 

お互いが年収に関係なく、同じ額の生活費を二人の共同口座に振り込むスタイルをとれば、お給料の額が高い低いに関わらず、結婚したい人としていいのではないでしょうか。もう、男性をお財布代わりに見なくてもいいのではないでしょうか。

パートナーとの幸せな暮らしは、あなたを豊かに守ってくれることが、先に行けば行くほど増えていきそうです。

 

まとめ 年齢差のない結婚を望む方へ

専業主婦が当たり前の時代は、8歳から一回り年上でも、お金持ちの男性のところに嫁ぎ、豪奢な生活をすることは、一つの女性の生き方でした。しかし、男女が共働きになり、女性の年収を男性が気にする時代となると、結婚は経済的なサポートではなくなり、居心地の良いルームメイト、お互いが刺激を与えられる同士であることが、重視されるようになりました。

 

今はひとりでもよくても、100歳まで生きるとすると、一人よりも身内を作っておくことは、何かと心強いことが多くなります。お金は足りていても、歳をとって判断能力を欠いたとき、騙されない保証があるでしょうか。

また、100歳までいかなくても、五十肩などで、瞬間的に服の後ろファスナーが上がらないことも、あり得ます。

一人暮らしは、年齢が行くと、なかなか困ることがでてきます。

 

 

 

結婚しなくてもずっと独身でもわたしはやっていける、というキャリア女性こそ、相手の経済力に頼らず生きていけるのですから、かといって食べさせてあげるということでもなく、一緒に暮らすパートナーとしての生活を、単純に楽しんでも、いいのではないかなと思います。

 

こころの許容を拡げて、人生をしなやかに拡大していきたいですね。

 

老後のことが心配な方、結婚してもしなくても困らないようにする、婚活はまずそこから出発になるのではないでしょうか。大阪の日経新聞大人の女子会で、200名のセミナーを2度満席にした、伊藤尚徳さんとの3回面談。お金のこと、親の相続のこと、ひっくるめた新しい安定を、最初に作っておくと焦らなくてすみますね。

 

お金と結婚相談デスク

 

 

 

エレガントなあなたにふさわしい 素敵な男性をふり向かせる魔法のしぐさ 花嫁プレスクール メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事