婚活に成功する人はココが違う。婚活で女性が大成功する秘訣とは?

婚活をスムーズに進めて早期に良い方と結婚が決まってしまう方には共通点があります。

今回は、婚活を成功する人と結婚が決まらない人の違いをまとめ、婚活の成功の秘訣をこっそりお伝えいたします。

 

 

 

婚活初めの一歩はしあわせになるマインド設定

婚活がスムーズにいくようなマインドの設定を先にしておくと、 いい結果を早く引き寄せます。

 

 

マインド設定なんていうと「宗教じゃないか?」と恐れられるかもしれないですが、平たく言えば「しあわせになる勇気を持つ!」「しあわせになることを自分に許可しよう!」ということです。

 

 

「しあわせになりたくない人なんていないのでは?」と思うでしょうが、 今が苦境であっても、それでも人間には変わることへの恐れというものがあるようで、しあわせになるためであっても、変化することが怖くて、現在にしがみついている人がたくさんいます。

 

 

この傾向は一人の時間が好きな方、一人っ子等で共同生活の経験が少ない方、親御さんが 何不自由なく全てを叶えてくれて来た方などの場合、結婚の豊かさよりも失うもののほうが大きいような気がして踏み出せないのです。

 

 

いざ、知らない男性と同居する自分を想像すると警戒してしまう人は 少なくないようです。

 

 

人生には、決断しなくても、たまたま流れでそうなったということもあるかもしれないですが、やっぱり心のなかでそうなることを強く望んでいてそうなったのだと思います。

 

 

彼女のアパートが更新時期になったので 一緒に住むようになって結婚したというようなケースが、これにあたります。

 

 

美しく歩く延長線上の美しい人生がある

 

私のウォーキングの先生、岡野真美さんはいつもこうお話されます。

 

 

私は、美しく歩くという人生を選択したの。

美しく歩く延長線上に美しい人生があるの。

 

 

素敵でしょう?

 

 

結婚してしあわせになることを 自分で決めるのです。

 

 

しあわせになるかなあ、と疑いながらでなく、しあわせになる!と決めたから必ずそうなるのです。

何があったとしても、 決めたのだから、乗り切るのです。

 

 

「疑う」ということを、婚活中は一切捨ててください。

 

 

疑うとは、愛するの対極にある言葉。

少しでも疑う心があるとき、人はとても醜い顔をします。

 

 

醜い表情の人に誰もプロポーズをしようとは思いませんね。

 

 

長い年月が結婚生活の味方になってくれます。

短気に判断することは 損気につながります。

 

 

試練は乗り換えていってこそ幸福のカギにつながるのです。

 

 

婚活で幸せになるのが上手な人のしている3つのこと

さっと運命の人に出会う、それだけでなく、その人はかなり傍目から見てもいい人である。
そんな婚活が上手な人には共通点があります。

 

 

1.自分の魅せ方について自分の好みを一度捨てる

 

自分の好きな服、ヘアスタイルでなく男性の好みを徹底的に実行するという行動や、「ありのままの私を好きになってくれる人はいい」という考え方は、ややもすると男性心理とかけ離れる危険があり、いい人とのご縁を逃します。

 

 

2.婚活とは「探す」ことでなくいかに私の存在を「探してもらえるか」だとわかっている

 

謙虚さと相手へのリスペクトは男性が妻となる女性にまず求める大事なポイント。

私もそこそこいい、でも「この程度の女性なら世の中にごまんといる」くらいに思っておくのでちょうどいいのです。

 

 

3.どうしても今年中に決めると、期限を決めて努力している

 

いい人がいるまで探そうとすると、婚活は容易に10年選手になってしまい、費用がかさむばかりか、年齢とともに対象となる男性が減ります。(それは、既婚者が増えるという意味で。)

 

 

短期決戦で行くと覚悟している人は、たとえ断られることがあっても、すぐに気持ちを切り替えるので、いいご縁を自動的に引っ張ってきます。

 

 

最後にまとめると、見た目以上に幸せになるのが上手な人、というのはポイントを押さえている人です。

 

 

それはマイペースでなくユアペースでも生きられるという大人の女性のこころのゆとり。

それが、外で死にもの狂いで、働いて帰る企業戦士にはたまらなく愛しい家庭の魅力になるのです。

今日も、きっと運命の日のはずです。

 

 

どんなことが起ころうとしているのか、耳を澄ませていましょうか?

 

 

結婚と採用だけは相手が決める

「婚活と就活は似ている」と言われますが、それはたくさんあたってやっと一つ決まるということもありますが、「決定権は自分にない、相手が決めるもの」というところが実は見逃されがちなカギなのです。

 

 

本当に根本的な真実なのですが、ここをそもそも取り違えてしまいがちなために、始めた婚活が重く苦しく、嫌な思いをすることに女性がどれだけ多いことか、「自分で決められない結婚なんて不毛だ」なんて思うのは違いますよ。

 

 

相手に最終決断権があるといっても、それでも、さらに上行く方法があります。

 

 

ちゃんと自分の理想に近い人に選ばれる方法があることはあります。

 

 

それは、日頃からすべての男性を自分のファンにするつもりで、24時間どこに行っても過ごすことです。

 

 

そうすると、自然にいつ誰に見られても愛らしい笑顔で人に平和と愛を贈れる人になります。

 

 

好みの人を探してその人にだけ、いい対応をするのが一番効率悪いのです。

 

 

男性から見るとそれが一番女性として美しくない。

男性は女性が人を選んで態度を変えるのをとても嫌いますから。

だからどんな方にも同じようなリスペクトで対応すべきなのです。

 

 

それが習慣になったら、探さなくても、理想の王子さまのほうから、あなたの方に近寄る可能性ができます。

 

 

手招きで呼び込むのでなく、相手から近づいてくれてから、自然にまたいつもの笑顔で、お話すればいいのです。

 

 

余裕です。

 

 

人を探したりしなくて出会う人すべて、みんなと仲良くしていれば、オンリーワンのパートナーとは出会えます。自分のキャパを広げた分だけ人間は幸福になれます。

 

 

一番モテる人は聖母マリア「余裕の心」

最近、年上の女性に彼女との関係を相談するような男性が増えています。

 

 

なぜなら、年上女性は経験もあるからこだわる心があまりないからです。

許容範囲が広い。だから安心して相談してしまう。

 

 

若い彼女みたいにイケてない姿にすぐダメだししたりしない。

 

 

それよりも「心配しながらだいじょうぶ?」などとさらっと励ます。

彼にしてみれば彼女のことは好きです。

 

満足してもらいたい。

 

 

でも、あまりに要求が多すぎて、満足させてあげられなくなるとだんだん疲れていく。

相手のことが重苦しくなる。うちに帰りたくなくなる。

まっすぐ帰って怒られるより、余裕を持って軽く悩みを受け流してくれるような、年上女性に甘えてしまう。

 

 

そしてあるとき限界が来て「もうだめだ。おしまい」になってしまう。

 

 

つまり大事なことは、なにが起ころうと相手のこころをハッピーにしてあげることです。

自分ではなくまず相手をハッピーな気分にしてあげる。

 

 

そうすると、不思議なことが起こります。

 

 

人のこころを自分より優先して喜ばせてあげたのに、自分の心は前よりもっと、喜ばせた相手よりもさらに満たされています!

 

 

それが・・・一番モテる人の特徴、聖母マリアのような母のこころです。

 

 

マリアさまの心って何よ?

マリアさまの心・・

 

 

それは仏さまのこころでもあるかな。

絶対に人を追い詰めない。余裕のこころです!

 

 

参考)5歳年下の男性と結婚する方法:婚活現場からのレポート

スクリーンショット 2017-01-21 午後3.13.38

 

年下の男性とお付き合いしたことはあるけれど・・

今、婚活する女性の9割近くが、±5歳の 年齢差を理想と答えます。

 

しかし多くの方 が、本当は「年下の男性」と結婚したい! と願っています。
恋人にはなれても、な かなか結婚は難しい年下の男性との結婚 を叶えるには、まず何をすればよいでしょうか?

 

 

現役仲人である花嫁プレスクール村田弘子がレポートします。

当レポートは、50ページにわたるPDFのEブックです。

 

 

5歳年下の男性と結婚する方法:婚活現場からのレポートはこちら。

 

 

 

素敵な男性に出会ったらまず考えるべきこと

お見合いのプロフィールを見ていいなと思ったときには、「わあ、この人素敵。こんな人と結婚できたらいいなあ」と嬉しくなってはいけません。

 

 

まだ、その男性と会っていないので、嬉しくなるのは自分のものになってからです。

 

 

婚活疲れしてしまう人の一番の共通点は、相手が自分を選ぶかどうかをあまり考えないことです。

それで、断られることが多く落ち込んでしまいます。

 

結婚は相互の合意がないと絶対に成立しないものです。

 

 

素敵だなと思ったら、まず、どんな人が好みだろうか?、卒業校はどこ?、親はどう?
奥さんになる人はお料理、家事能力はどうで子供をどんなふうに育てる人で、どんな所に住んでいる人が披露宴の席で隣にいるとふさわしいだろうか?

 

ということを紙一枚くらいに、だだだ・・っと書きあげるくらい、彼に関して空想してください。

そして、自分のプロフィールと並べてみます。

 

なかなかふさわしいよと想えたらここで初めてお見合い申し込み、あるいはパーティーで声をかけます。

 

 

成功していて 人柄もいい男性の奥さんは、だいたいお料理が上手、お掃除もきちんと子供の教育ばっちり、つまり主婦として働き者、夫を立て要求するより要求される生活をばっちりこなす。

 

で・・しかも美しい、自分の仕事や趣味を楽しんでいるパーフェクトな女性です。

 

 

魅力的で経済力もある男性はどこに出しても恥ずかしくない、自分のためにかなり無理もしてくれる人まずたいていは選びます。

 

 

無理はいやであれば、人より素敵な外見、経済力は脇に置き、自分に優しくしてくれて、誠実にフォローしてくれる癒し系男性を選ぶとよいです。

 

 

がんばれるタイプの女性か無理せず気ままで楽しい人生を送りたいのか、まずはそこから自分を知ってみるといいです。

 

 

昔の彼が忘れられないとき

お見合いをする女性には、本当に今お相手を探したい状態にいる方とつきあっていて別れた人、あるいは今も交際中だけれど、彼との結婚にいまいち踏み切れないなにかを抱えている方の3種類があります。

 

決めきれないとき、彼氏に内緒でお見合いをいくつかしてみるというのは、大変賢いと思います。

人間を客観的に見てみる絶好の機会になります。

 

では、過去を忘れられないときは・・・忘れるためにお見合いをしたり夢中になれる人を探す。

 

 

どういうことになると思いますか?

夢中になって、前の彼を忘れたくて一生懸命お見合いをするのに思い出してしまう。

 

彼との日々のほうが本物に見える。

 

でも・・それは、過去だからそう見えるのです。

 

 

別れたということは、それだけでお互い疲れた証なのです。

 

どちらかといいうのは関係ない。

別れをいったほうも相当考えた末で別れることを決めたのでつらい。

 

 

フラれたほうもとてもつらい。

 

 

そんな中、お見合いで会う人が彼よりもしょぼく見えたら、ああ、やっぱり無理だ彼が一番よかったのだ。

 

 

それなのに・・と自分を許せなくなります。

 

 

でも、それは諦めたもん勝ちです。

 

 

残念ですが男性は戻りません。

 

 

別れたら別れたほうがしあわせになることの証ですから、難しいと思っても、昔の彼を思ってはたらけなくなるのは、やはりよしましょう。

 

 

ビビット婚が危険な理由

よく、恋の始まりは、初対面の2秒でビビッと来る!といいますよね。

 

 

私も、会った瞬間にその人との関係は決まると思っていたんです。4,5年前までは・・・

でも・・最近ビビッと来た相手のことは確かに夢中になるのだけれど「結果としてはハッピーエンディングだったでしょうか・・」というところを自分で思いめぐらしてみたんです。

 

 

すると、実に驚くべきことが発覚しました!

 

 

一目会った瞬間に持っていかれたような相手とは、最初は舞い上がるものの、完全に相手ペースで私は振り回され、最後はずいぶんみじめな思いをさせられ、自滅して没に必ずなっていることが半世紀も生きてやっとわかりました。

 

 

バカじゃないか・・と思います。

 

 

最初、ビビッとの相手は外見的に魅力があります。

ハッキリ言ったら色っぽい男性であるわけです。

 

 

でも、そういうビビッとグループの男性は私をしあわせにはしたことがなかった・・

むしろえぐるような思いをさせ残酷極まりなかった。

 

 

人間的にどうなんだろうと、最後は本当に信じられない暴君のようになった。

 

 

 

なぜ?・・・

 

 

ここからが怖いその理由です。

 

 

ビビッと来た相手とは過去に自分の先祖を刺した人間なんだそうです。

 

 

だから絶対かたき討ちをしようと会いたいと思っていた人。

人間の記憶は身をも守る本能からよいことよりも悪いことを覚えている。

 

 

先祖の刺された相手のことはいつか復讐するために身体のどこかで、きちんと遺伝子として刻み込まれているのだそうで、だから、初対面のときビビッと反応する。「ようやく会えた!」と興奮する。

でも目的は復讐。

 

 

しあわせの成就ではない。その恋は熱くなっても実らない。

 

 

皆様、「大恋愛で結婚したい」とおっしゃいますが、大恋愛は実らないから夢中になるとも言えます。

 

 

穏やかに育てていける夫婦の関係は私にとっては大恋愛ではない。

 

苦しくなるような思いを彼との関係でしたくないです。

 

 

毎日自分の人生を積み上げていくのに、運命の復讐などに邪魔をされてこんがりたくない。

 

 

だから、恋愛で夢中になるビビッと来た関係も面白いは面白いですが、一生を過ごす相手は、「最初はタダの友人としてしか見ていなかった。だんだんに相手の本気に動かされていき・・・」というほうが「女性はしあわせになる。しあわせの度合いと継続時間が絶対長い」と思います。

 

 

 

甘い夢中の恋愛はそれはまた別です。

 

 

Singles Bar麻布十番を何回もやります。

これから一番ドラマが育つ時期。

隠れ家で素敵な時間をお過ごし下さい。

ご登録まだの方は、こちらからどうぞお待ちしております。

 

 

大人の社交場 人気の Singles Bar

 

 

冒険しない婚活のリスク

恋人ならいいときだけつき合ってやめることができます。

家族となると責任が発生します。

 

どんなことを判断の決定材料にすればいいのでしょうか?

 

それは、しくじると怖いからと言って、もしも一人を選びきれないでそのまま時間を終焉まで伸ばしたら、100%なにも変わらないというリスクです。

 

たとえば、10年後、まわりは大きく変わるでしょうが、あなたは今と同じ場所にいます。

 

辛いことは起きないかもしれない。しかし、何かを育てていくこと。

 

共通の価値観とか、美味しいものの趣味とか、二人で見つめる風景とか、いつか時がみちて自然が二人を分かつときまでに「静かに穏やかに積んではぐくむものがない・・・」と言う事実です。

 

変化しないことは、周りが進んでいくなかでは、今のスタンダードも「キープが難しいかもしれない」ということです。

 

なにもしないのも リスクなんですね。

 

100回失敗しないうちに「わたしなんて・・」とぐったりしないでくださいね。

 

 

たくさん失敗するしか早く成功する方法はないみたいです。

イチローやエジソンを見ればわかりますよね。

それが何回に一回ヒットするかは人により違うんだと思います。

私の場合は、1000にひとつなんです。

 

毎日1つ失敗をして3年かかります。

だから3年を1年にするため相当早く回数を打つこと。

 

 

動ける時と動けないときがありますが、取りあえず、やればいいことがあります。

 

 

でもへたくそな投げ方でも、ボールを投げない限り、前回の失敗のなかから出られない。

 

止まっていれば安全ということではなく、私たちの限られた時間のなかで、動きながら得ていく機会を停止すると、失っていくリスクがどうやらあるのですね。

 

 

 

個人コンサル ★お仕事帰りのお茶会

 

女性は立ち位置を変えないほうがいい

草食男子がもてはやされる時代、女性はガンガン男性に向かっていったほうがいいのでしょうか?

それともハンティングされたほうがいいのでしょうか?

 

女性から受け入れ体制ありのサインを送る意味で、女性から積極的にストロークを出していいのですが、そのあとは、男性に追いかけられるようでないと結婚までは決まりません。

 

今まで婚活をしてきてそれでもしっくりこないと思う方は、どこか思考のパターンがしあわせに到達するのを邪魔する方向に行っている可能性大です。

 

しかも そのほとんどがこの考え方の順序なのです。

 

好きになれる男性を見つけてからその人に笑顔を贈るのがなかなか決まらない人のパターン。

 

決まる人の考えたはすべての男性を自分の虜にする。

 

魅力的な女性でいようとする。選ぶのはそのあとです。

 

好きになれる人を探す婚活は一生かかるかもしれません。

選ぶのでなく希望の人から選ばれること、それを実践していくことが早道です。

 

 

婚活疲れしないで幸せになる魔法のルール

1.魔法のおまじないを毎朝唱える

私に変えることのできないものはそれを素直に受け入れる柔らかなこころを、変えることのできるものはきちんと変える勇気を、そして変えられないものと変えられないものを見分ける知恵を与えてください。

 

2.朝が来るたびに今日という可能性の時間を与えてもらったことを感謝

できるだけ昨日より遠くまで行ってみましょう。
とどまっていることが一番危険です。

 

3.「悲しいときの笑顔」を大切に

それは、ご自身へのいたわり何よりの元気づけです。自分を愛してあげましょう。

 

hour

 

 

 

4.無益な推論をしないこと

 

 

5.9割のストライクゾーンを狙ってみる

最初から私らしさが出る洋服で「私らしさを好きになって」というのは、やや傲慢です。
なによりもお相手目線で喜んでもらうことです。

 

 

6.タブーの少ない人になる

「背の低い人はだめなんです」「顔が濃い人はだめなんです」と言う人はあなた自身も陰で同じように言われています。

人を否定する人に他人はなかなかこころを開きません。

 

7.自分を束縛するものから解放される

解放されること、それが年齢だけ大人でなく心も体も大人の女性の魅力を備えるということです。
甘えん坊でわがままな女性よりも、男性はきっぱりとリスクに立ち向かえる人を選びます。覚悟です。

 

8.認知のずれを正し、思い込みに気づく

 

9.口癖で幸運を呼ぶ

 

10.笑顔の表情づくりを極める

 

11.時を逆算して考える

男性が一番惹かれる女性の魅力は、しなやかさと強さだと思っています。

強さの表現がかたくなさにならないよう、私たちはいつも自分のこころを鏡に映していかないといけません。

 

 

結婚は成行きが一番 考えないこと!

経営者の奥様をお呼びし、これからご結婚のお嬢様から質問をしていただきました。

 

 

奥様方に共通項が二つあります。

 

・いろいろな経験を経てすこぶるしあわせであること
・人生を成行きできたこと

 

 

 

lights

 

 

幸せの秘訣がここに現れているのです。

 

おわかりですか?

 

何もリスクがないから幸せだとは限りません。

 

 

それどころか彼女たちの人生にはリスクがありすぎたように思われます。

 

 

home

 

 

人に言えないご苦労もあったかもしれません。

 

 

でも、成行きでここまで来たということは、結婚する時点ではリスクについて何も考えないで始めたということです。実際には大事なことなんて考えたら選択できるわけないんですね。

 

難しい・・。それでいいのです。

 

 

人生には特に女の人の人生には流されること、自分が決められないことばかりです。

いつ妊娠するかだって自分で決められません。

 

 

むしろ私はああだから 、こういう人が向いているとか、ここしか住めない、こうだからこういう男性でないといけない。

 

 

そんな風になると一生婚活になるかもしれないし、生きていること自体、つまらなくなります。

なぜなら、決められたことしか起きないからです!

 

 

旅行のように危険も承知で飛び込むことに夫婦の充実感があります。

 

 

大事なことに限って神さまにお任せでいいんです。

だいたいそんなにプロポーズしてくれる男性になんて出会えません!

 

 

出会ってしまったら断らずにいくのもひとつ。断わって生涯独身をとおすのもあなた次第です。

そんなに何回も結婚してほしいなんて言われることはありません・・。

 

 

もっと積極的に人生を生きてみませんか?

女性の社会進出が肯定されるのみならず、もっと稼げと言われる今、結婚しようとする男性は、女性が考えるのとはちょっと違う視点で結婚を考えています。

 

 

女性は「結婚しても好きにさせてくれる人がいいな」と考える傾向がありますが、男性はもっと現実的に結婚したあとは家庭を切り盛りする重要な人という意味で女性をとらえています。

 

 

ファミリーを形成していくことは、人生のなかでひょっとしたら仕事と同じかそれ以上にやりがいのある仕事です。

 

 

私たち自身のいのちを生んでくれたのも、ほかならぬファミリーの絆であるからです。

 

 

 

ここで、皮肉な食い違いが出てきます。

結婚していない女性は同年代の結婚した女性に比べ、どうも以下の点に意欲が弱いようです。

子どもを生み、教育して育てること。相手の親と関わること。将来はお互いの老後を支え合うこと。

 

 

これら、家族のもたらすかけがえのない愛の形に対して、いくぶん嫌悪や恐怖、不安、などを持つようなのです。

 

 

「大変そう、できたら逃げたい」と思う方もあるようです。

 

 

では、結婚してどうしていたいの?

 

 

彼氏はできて今と同じ暮らしができる生活がしたい。

そんな風に恋人同士として夫婦をとらえています。

 

 

そして、先ほど食い違いといいましたが、男性はその雰囲気を態度で感じるや否や、結婚相手としてあなたを見なくなってしまうのです。

 

 

男性からしたら「僕が養ってあなたに今まで通りの自由な独身生活をさせほしい」ということなのですか?

 

それだったらなにも結婚しないで、このまま独身でいらしたらいいのではないでしょうか?

 

 

男性はそう見てしまいます。

 

 

育児、介護その他は、やってみる前は大変負担に思います。

やりだしたらさらに負担かもしれません。

 

 

でも・・・それが生きることの神髄です。

生きる価値、つまり、乗り越えて信頼を深め心を通じさせる価値を生む行動です。

 

 

恋人では得られなかったことが夫婦になると得られます。

 

 

そしてその満足感から自己肯定感が強くなり、結果として女性も男性も安定した気持ちで仕事に活躍できるように成長します。

 

 

相手への感謝が深まるから、いい笑顔ができるようになり健康になります。

結婚で始まる様々な経験に不安を持たないで飛び込んでいいのです。

 

 

誰だって子供が苦手だったりしながら、20年かけて愛されるお母さんに成長できるのですから・・!

 

 

恋愛が3の価値であれば結婚の豊かさは10以上ともいえるでしょう。

 

 

恋愛は終わる運命がありますが結婚は穏やかに年輪を重ねていくのです。

「もっと勇気を出してほしい。一生あなぐらにいないでほしい。」と思います。

 

 

思考癖を変えれば信じられないほど婚活がラクになる

何事も、思いをカタチにできる人は、次のような思考グセをもって生きています。

 

 

一般人は、このまま丸ごとご自身の頭にインストールし、なんでもこの思考グセにあてはめて行うと確かに、何かが変わります。

 

 

そう!成功しか起こらなくなるのです!

 

 

1.成功者は怒らない

怒りとは、基本的には他者への文句からできあがってきます。

 

「どうしてこうしてくれたんだ」
「なんてことしてくれたんだ」

 

成功者はこんな風に良くない状況を他人のせいにして怒りません。

 

怒るという動作は無数の脳細胞を破滅してしまうくらい、じつは恐ろしい破壊力があるそうです。

そんな感情を日常的に抱えていたら身体のなかに火山を抱えているようなもの。

 

穏やかな幸せが生まれるはずがありません。

 

 

2.結果がでるまでやめないのが成功者

成功者はうまくいかない原因を解明しますが、失敗者はうまくいかないことを分析する前にボキッと折れやすく憤死してしまいます。

 

 

成功するまで どんなに無様な失敗があっても成功する人はあまり気にしていません。

しあわせを逃す人は、ライドが高すぎて少しの失敗で折れてしまいます。

 

休会したあとに、ものすごくいいお話がきて残念なことはよくあります。

 

 

3.成功者は人に依存しない。自分の頭で判断する

決めてから迷っているときはそのまま黙っておきます。すべての結果を人のせいにしません。
成功者は同性に相談しません。同性の妬みなどもわかっているからです。

 

 

4.失敗したとき「今度こそ絶対成功する」とモチベーションを上げる

1000回失敗すればおそらく成功は一度はあるでしょう。

そうであれば、成功者はあえてどんどん失敗=トライをし続けます。

 

くじけている時間は自己憐憫があるだけで何も生まれない。

成功者は「くじけている人はくじけて休める時間があるなんて自信があるのだなあ」と思っています。

 

しあわせ上手になる思考グセは「無駄なプライドを一切もたない」という発想から始まります。

失敗を数回して、すぐ「なんでだめなんだ!」と怒り、うまくいく人嫉妬するのが失敗者の思考グセ。

 

「こんなに大変とは思わなかった!」とぼやくのが成功できない人の口グセ。

 

成功者の思考グセは、実はもっとチャラい。

チャラいということはいいことなのです。

あなたがもし30歳以上の大人なのなら。

 

 

人間は年ともにどうしても謙虚さがなくなり、自分に相応のなかがついてこないと不機嫌になりだします。

 

 

そして「かわいい子がいない」とか「いい人はみんな結婚している」とか出てくる人は「話のおもしろくない人ばかり」と文句を言います。

 

 

成功する人はチャラいので、そういうときにいちいち不満を持ちません。

 

 

「ああ、こんなんじゃいかんのか。願いを叶えるにはもっとやらんといかんのだな。努力回数が足りんということだな」

 

 

そう判断して「もっとがんばろ」というモードに入るわけです。

 

 

「どうして、自分だけできないの!」と「はあ、人はもっと努力しておるということだな」と、思うのでは同じ失敗をしても、それからの運命は全く変わります。

 

 

成功に向かうとき、自信なんてホントはいらないのです。

 

「成功するまではがんばるぞ」という穏やかな低姿勢それだけで大丈夫です。

 

以上、成功者の思考グセについてまとめてみました。
成功する人と失敗する人では、同じ経験をしているんだけれども受け止め方違うのです。

 

 

 

幸せになる人逃す人の思考グセ

 

年代別詳細解説「妥協できないあなたが理想の結婚を叶えるたった1つの方法」

スクリーンショット 2017-01-21 午後2.52.28

 

 

この無料PDF(50ページ)では、「結婚した後、一生あなたが幸せであるように」という願いをこめて年代別にお伝えしてまいります。

 

単なるお相手選びや、恋愛アドバイスでなく、FP としての視点にも立ち、世の中が動いていく中で、いつどういう決断をするのが安全でしあわせに繋がるのか、「あなたが一生経済的にも豊かに、エレガントに女性として輝いていけるように」と思いを込めて書きました。

 

ぜひ、ダウンロードして読んでみてくださいね。

 

 

 

エレガントなあなたにふさわしい 素敵な男性をふり向かせる魔法のしぐさ 花嫁プレスクール メールレッスン

PCメール
携帯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事