【婚活外来】6つの結婚決まらない病。症状別に処方箋を差し上げます。

ぱっと考えないで結婚できてしまう人、よく考えないといけないと学校で教育されすぎて一生考えるだけで終る人もいます。

その中で多くの方が陥りやすい《結婚できない病》を症状別に見てまいります。

なかには男女共通のものもありますし、女性特有の病もあります。

 

「その状況に陥るときはこうすればいいんだ」ということを予め認識しておけば、本来ご縁があるべき伴侶を取り逃すことはなくなるでしょう。

 

 

 

 

結婚できない病「目移りしてたまらない」

結婚したい男性も、女性も同じくらい勘違いされている共通事項があります。

 

その勘違い・・思考グセのためにせっかく素敵でモテる方なのに、うまくしあわせな結婚を決められないで20年、30年も婚活を続ける。

 

 

そのような方も少なくありません。

 

 

一番、気を付けないといけないのは結婚相手を決める段階での目移り病です。

 

 

hands

 

 

むしろモテる方が陥る婚活長期化の罠とは?

 

この患者さんは、そこそこモテる方なのです。

 

それで、誰かと出会っておつきあいしてみる。

すると、人間だから欠点が見える。

 

 

そのとき、嫌だなあと思うと「未知の玉のほうがいいのではないか」と言う気になって気がそぞろになる。すると、前の交際相手が「あ、自分に気がないな」と気づいて去っていく。

 

 

しかたなく、新しい出会いの人と付き合いだす。

 

 

ちょっといい関係になる。

するとまた同じことになる。

 

 

 

girl

 

 

 

この繰り返しで、モテないわけでないのに、結構何十年、婚活を続けてしまう。

 

 

ここまでくると、基本から勘違いしておられます。

 

 

目移りの処方箋は「責任は相手ではなく自分にある」

 

まず、結婚って正しい相手とか間違いとかないですから、ふたりでつくるもので、もっというと結婚式が終わったら、それぞれの人生を創るのです。

 

 

もし、つまんなければ、責任は相手ではなく自分にあります。

 

 

ということは、スーパーでキュウリ選ぶみたいに即決で、何ら構わないってことなんです。

めうつりしてベストを探さなくていい。

 

 

ベストさがしより大事にしたいのは相手が自分と結婚したいかどうか。

自分が、じゃないんですね。

 

 

みんな一生懸命すぎるうちにわけわからなくなっちゃう。

 

 

house

 

 

自分が結婚したいかじゃなくて相手が私と結婚したいと思うかどうか。

結婚したいと言われる前に、あれこれ悩んで目移りはろくな結果にならないから、絶対やめておくべきです。

 

 

結婚してくださいって言われてから、一晩、考えたらいいと思います。

 

 

お見合い2回めの人と結婚された方は、プロポーズされてからぽかんとして「急なことなので1週間考えさせてください。」と答え、そのくらいのんきに構えてください。

 

 

そうでないから婚活疲れして病になってしまいます。

 

 

ひとつひとつ大事に、そして、決めるとなったら、結婚はキュウリを買うときのようにさっと何も考えない。キュウリによって味が変わるようじゃいけないのです。

 

 

 

結婚決まられない病「ボディタッチができない」

 

親しくなり出す段階で、ボディタッチが自然であることは、お互いに好ましくキョリを縮めている証拠です。でも、相手をまだ そこまで思っていないときに肩や腰に手が回ると、女性によっては拒否感が働いてしまうようです。

 

 

これは個人差もあるし、好きな人からされたら舞い上がるけれど、そうでないといきなり、お断りの原因となるので、相手が本気で自分を好きなのか男性は正確にわかる必要があります。

 

お見合い当日に手を握られて、クレームになったことがありました。

こんな感じでボディタッチ問題は男性の課題であるように思われるかもですが、最近はそうでもないです。

 

 

婚活に限らず、男性から「もう、きょうは女性に何度も腕を触れた」と、モテ男子がこぼしてくることもあります。お酒の席でも特に大人数のときには、女性は強くても荒れ狂うほどの勢いで飲まないほうが、婚活であれば絶対いいと思います。公衆の面前ですから。

 

 

早く触りすぎも問題ですが、深刻なのは「3か月も交際して手も握らない」と女性からクレームがくることです。

 

 

お互いに「このまま結婚してもいい」と言っているにもかかわらずです。

 

 

その場合はあの手この手で女性からさりげなくですが・・・

 

 

その方法は 、花嫁プレスクールのしあわせになるための7つのレッスン「素敵な男性をふり向かせる魔法のしぐさ」で実践されてみてくださいね。

 

結婚する前に必ず知っておきたい 「しあわせになるための7つのレッスン」

 

 

こちらは、個別でも受付けています。

 

 

マナー、美しい立ち姿、腰かけ方、歩き方などの基本から、写真写りを浴するテクニック、靴の選び方から女優アクションまで、妻になって慌てない冠婚葬祭贈答の知識から美しい文字の書き方にいたるまでを、この「しぐさのレッスン」で学ぶことができます。

 

 

 

婚活できない病「写真が苦手」

婚活を始める女性、男性の多くが写真に苦手意識を最初持っています。

 

 

あまり撮り慣れていないので、どうしても目立つこと、自分を解放することが苦手です。

 

 

わらっているつもりで顔の筋肉がひきつったり、「もっと口角を上げて!」と言われたのでしょうか?口角を上げたら泣きそうな顔になってしまう人もおられます。

 

 

しかし・・・

黒い服を着たり、きれいに笑えなかったりするのは、ご自身のなかでなにか婚活している自分にブロックがかかっていることの表れだったリします。

 

 

婚活で結果を出せる服はこういうもの、選ばれるポージングはここがポイント、笑顔は歯が6本見えているかが大事など、婚活のための常識がありますが、そんなものに従いたくない、言うことを聞きたくない、拒絶があるうちは、なかなか結果がでないのですね。

 

 

相手もその拒絶をちゃんと受けってしまうから・・・。

 

 

婚活の写真が大満足でとれるまで何度もチャレンジしてみてください。

 

 

自分を好きと思える時にあなたはすでにしあわせをつかんでいます。

この写真苦手病は、みんなに出る症状なので心配しないでください。

 

 

結婚できない病「婚活をあきらめたくなる」

この女性に多いあきらめ病ですが、なぜか男性には発症例が見られません。女性だけなのです。

自分は断るのだけど、人から断られると「もう結婚だめだ~婚活やめます~」って思ってしまう。

 

 

「5か月でできなかったらあきらめます」

「今年だめならもう結婚はしません」

 

 

どして?どうして~?

 

 

運命の好転は宇宙の原理でやってきます。

こちらの勝手な都合で期間限定しても、地球のどこかに生息しているあなたの運命の王子が、その何か月にやってくる確率なんて「0.000027%」くらいなものだと思います。

 

 

毎週1人と付き合って運命の人といい関係になるのに8年かかると言われています。

期間限定で一生賢明はいいけれども、それでだめならやめる・・・はないですよ~。

積んできた努力がもったいない。

 

 

あきらめ病は、ばくちうちと同じです。

 

 

「フラれてあきらめる」はいいのだけれど、「自分であきらめを決心する」のはないなと思う。

あきらめじゃなく、こう決心してください。

 

 

決まるまでなにがあってもあきらめない。

何年かかっても夢は捨てない。

 

 

婚活に限らずあきらめグセをつけると、どんどん人生は情けなくなると思うから。

 

 

結婚できない病「男子に気が利かない」

男性は、女性のことを「あの子は気が利く」とか評価しますが、「ご自分はどうよ」というと、なかなかこれが難しいようです。

 

 

気のつく男子と、まったく気が利かない男子、そして、気が利きますアピールが強烈すぎてちょっと引いちゃうな男子と、この3種類に分けることができます。

 

 

いえ、「男性って気がきかないわよね」って言っているのではないです。

お見合いで、女子は「あら、どうしてこの人、こんな気遣いができないのかなあ・・?」とがっかりしてしまう面が多々あるようなのです。

 

 

気の利く男子はすでにほかに狩られていることもあります。

でも狩られた男子が全員、よく気が付く人だったとは限らないのです。

男性も女性によって変わります。

 

 

とくにサービス業の方は男性に対してもマナーが厳しいみたいです。

「女子社員の独身率高いんですよ~。男性は良く気付くのですぐ売れていく」と某旅行会社の女性が話してくれました。

 

 

今、かっこいい人も昔はダサかったかもです。

今の奥さんが素敵にしたってことはあります。

 

 

なんでこんなことに気が付かないの?気が利かないなあ・・・

 

 

イラツてきたら、

 

 

も~ん、しようがないのねなんにも知らないんだから!

それじゃダメなの・・♥わたしがみんな教えてあ・げ・る♪

 

 

って流してみるのはいかが?

 

 

結婚できない病「金欠症候群」

結果が出ているときは何でもなく払える婚活費用ですが、上手く回らないときは無駄な出費なんじゃないか。無駄なお金を投じて、決まらないんだったらやめたほうがましと思ってしまいがち・・

 

 

でも、婚活費用は本当にお金を捨てるようなものかしら?

このまま、なにもやらないほうが本当にプラスでしょうか?

 

 

まず、結婚していると、高齢になったとき年金が2倍になる。

旦那さんがいなくなっても遺族年金がもらえる。これは大きいです。

 

 

それから、自分がベッドから転げ落ちてけがをしたとき、枕もとに携帯があれば救急車は呼べますが、玄関まで骨折して鍵を開けにいけないことが、本当に起こるんです。

 

 

知人のお隣の家でこの事件はほんとに起こりました。

その方は一人暮らしだったので、救急隊はお隣の友人宅に侵入、屋根伝いにお爺さんを助けにいったとか。

 

 

お隣がお留守でなくていのち拾いをされました。

こんなことから、若いうちは何にも困らないのですが、やはり、婚活もしておくに越したことはないと思うのです。

 

 

「もう、このままひとりでいいや」って思う気持ちも当然あると思います。

 

 

婚活と同時に貯蓄をはじめましょう

婚活に月3万かけるなら、1万は貯金するとか、個人年金に入るとか、投資信託を積み立てるとか、もしかして、このまま一人でいっても大丈夫なように、老後資金も作っていって欲しいなと思います。

 

 

それをコツコツしていれば、逆に「こんな結果がでないなら婚活やめちゃおかっ」て躍起にならなくて済むと思います。

 

 

決まるまでじっくりとあせらず楽しんで、婚活と貯金を同時並行するのが一番いいです。

その余裕もないとなれば副業です。

 

 

月々の婚活費用と老後のための貯蓄資金でしたら、副業で賄える方法がありますのでお教えします。

個人コンサルからお申し込みください。

 

 

落ち込んでるのはもったいない。

いつも攻めでいきましょう。

 

 

人生は可能性が無限大ですが時間は有限です。

 

 

 

年代別詳細解説「妥協できないあなたが理想の結婚を叶えるたった1つの方法」

スクリーンショット 2017-01-21 午後2.52.28

 

 

この無料PDF(50ページ)では、「結婚した後、一生あなたが幸せであるように」という願いをこめて年代別にお伝えしてまいります。

 

単なるお相手選びや、恋愛アドバイスでなく、FP としての視点にも立ち、世の中が動いていく中で、いつどういう決断をするのが安全でしあわせに繋がるのか、「あなたが一生経済的にも豊かに、エレガントに女性として輝いていけるように」と思いを込めて書きました。

 

ぜひ、ダウンロードして読んでみてくださいね。

 

 

ダウンロードはこちら
プレゼント登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

エレガントなあなたにふさわしい 素敵な男性をふり向かせる魔法のしぐさ 花嫁プレスクール メールレッスン

PCメール
携帯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事