経営者妻業~夫を成功×育てる×自らも耀く

 経営者妻業~夫をプロデュースし自らも輝く女性たち 盛会御礼!

producer

 

日本初! プレ経営者妻のためのスクール 11月10日プレOPEN♪

去る11月10日 東京四ツ谷 スクワール麹町にて 花嫁プレスクール主催イベント

『経営者妻業~夫をプロデュースしながら自ら輝く女性たち』が開催されました。

 

会場には パネリストとして すぎおかクリニック院長夫人 杉岡直子氏、

株式会社人材ラボ 麹町さくら塾 下山美穂氏ほか 皆様をお迎えし、

 

花嫁プレスクール生徒さまはじめ、プレ花嫁の皆様と 熱心に

結婚した後の女性の活躍としあわせについて 懇談いたしました。

 

discuss

 

なぜ、今、経営者妻業なのか?

「妻業」ってそもそも なあに?

経営者妻業を語る前に、そもそも「妻業」という言葉が何を指すのか

ここで触れておきたいと思います。

 

妻業とは・・

 

一人の男性の運命を握り

その後継者を育て

じぶんの命のミッションを

100年にわたり残していく

 

やりようによっては

神業的パワーをもつプロの仕事です

 

先行き不透明希望の見えない日本、今、選ばれる女性とは?

 

少子高齢化、若者貧困化、アメリカの新トランプ政権

など日本の先行きが非常に不透明ななかで

多くの男性は 結婚に対してとても積極的とはいえなくなり

 

下手に価値のない結婚をして女性のために

散財をしながら うるさく文句を言われるくらいなら

一人でコンビニ生活を続けたほうがまし

と思う方も多くあります。

 

そのような時代にあり、それでも優秀な男性なら

やはり結婚して成功し、次世代に子孫を残し

末永く繁栄したいと望むのであり、

それはいい悪いでなく、動物である人間の本能的な欲求です。

 

こういう女性なら ぜひ結婚したい!

というステレオタイプとして挙げられる要素が

 

・献身的にじぶんの成功に寄与してくれる女性

・ある程度の苦労を不満を言わずに一緒に乗り越えてくれる人

・今の自分だけでいい悪いを判断するのでなく、同じ先のゴールを夢見て

そこに向かってともに成長できる

 

となり、この要素を おおむねカバーしているであろう属性の女性として

例にあげられるのが 「経営者妻業」の女性たちなのです。

 

給料が月末に自動的に入るサラリーマンとはわけが違い

じぶんの働きがそのまま 生活に直結する経営者妻は

何が何でも ある程度までは乗り越えるしかなく

面倒なことも含め、文句を漏らさずに仕事として

やりこなします。

 

嫁姑であっても経営者のおうちですと

姑が経営者妻の上司でもあるので

必然的に上下関係は強くなり

こちらは 基本的には従属することになります。

 

 

もっとも会社員の奥様で 献身的に夫に尽くす方は

たくさんいらっしゃいますので、経営者でなくてはダメと限定するつもりは

少しもありません。

 

ここでは、昼間の夫と一緒に仕事をして

実務で協力、支え合うという意味で よりわかりやすく

経営者妻業を例にしたととらえていただければ幸いです。

 

結婚する価値のある女性とでなければ 独身のままでいたい男性

会社員の場合、

今男性は結婚する女性にもある程度の収入を期待します。

 

高収入とまでいかなくても 国家資格など

どこにいっても働ける資格を持っていたりする女性は

お見合い相手として好まれる傾向があります。

 

自分の身にもしものことがあって

収入が一時的に途絶えたときでも3か月は 子どもと夫婦の

生活を妻の収入で支えていける人であってほしい

と望むわけです。

それをプロポーズの条件にしている雰囲気が

男性の本心にしばしば垣間見られます。

 

自分がリストラされても、それで家族が崩壊してしまうことのない

経済力ある女性ということでしょう。

 

 

文句は言わない人 しっかりきちんと働ける気持ちの安定した人

男性が心の中で思う妻の理想は、こんな言葉で表現できるのかと思います。

 

帰宅したとき うるさく追及して疲れさせない人

自分で自分をコントロールできる依存体質でない人

経済力、稼ぐ力も多少ある人

自分の価値をあげて プロデュースしてくれる人

 

それが 男性の描くコスパのよい理想の妻・・・

安らげる奥さんのイメージ像になります。

これは30年前の、俺についてこい的な亭主関白の時代からすると

信じられない傾向なのかもしれません。

 

たとえば高収入と言われるIT業界のサラリーマン、

ハイスペックと言えばこの仕事と憧れられる弁護士の男性が

 

女医と結婚しだしているのもこの傾向のあらわれです。

 

弁護士、お医者さんと言えば 旧来は

いいとこのお嬢さん と言われる女性たち

 

名門女子校出身、もしくは音大ピアノ科卒麗人

といったところでしょうか?

 

今の婚活ではこの二つの属性の女性は

婚活で苦労されています。

男性がそのような妻の出身を

自分の勲章にしなくなったのです。

 

以上のことから 婚活女子の皆様には

受けるだけでなく与えることの尊さを実行してこられた

美しくしなやかで強い経営者妻たちのここまでの軌跡を

なぞりながら

 

今の男性は妻に何を望んでいるのか

正しくとらえて頂きたいと思いました。

 

それがこのたびの経営者妻スクール

経営者妻業~夫をプロデュースしながら自ら輝く女性たち

の開催意図であったのです!

 

ご参加者の感想

いらしていただきました素敵な女性がたは

30歳代~40歳代の美しい方たち

 

きょうは、独身男性をお呼びしなくて

もったいないなかったなあと思いました。

 

お勉強会に自ら参加されるだけあって、結婚に関しても

自分でアンテナを立ておられる意識の高い方魅力的な

方がたです。

 

彼女たちからは 経営者妻のマダムたちとのお話のなかから

こんな感想をいただきましたので いくつかご紹介いたします。

 

・経営者妻なんて、なんとなく華やかで自分とは関係ない

近づきがたい印象があったが 実際のマダムがたは、ご自身の

したいこともされながら夫に献身されて尽しており、

可愛らしさを感じました。

 

・こうなりたいと思った結果今があるのでなく、

皆様一様に 成行きに任せ、気づいてみたらこうなった

話されたところが印象的でした。

 

嫁姑問題、ママ友の難しさなど今より大変で苦労するのではという

不安があります。上司などから結婚なんてするもんじゃないと言われたこともあり

結婚=苦労 え?あなた、結婚を選ぶの?という考え方が 心のどこかにあります。

でも、なんでも私たちに相談くださいとおっしゃっていただけ、力強く感じました。

 

・今は情報がありすぎてどちらかというと結婚の良さは伝わりにくいです。

ますます結婚相手を決めることに躊躇して 明日へと先延ばししてしまいます。

 

 

 

先輩妻業マダムがプレ花嫁に伝えたかったこと

マダムたちは 今の結婚生活を肯定しておられます。

なぜなら、彼女たちの20年を振り返ると

このような軌跡が残されているからです。

 

 

チカラを尽くして夫を支えてきました

 

会社が混沌としていたときにも

眠らずに夫と同じゴールを見据えて

走り抜けました

 

子育てで苦しいときは夫も成長期・・

夫不在のとき

ほとんどひとりで子育てもしました

今はやりのイクメンを要求することは

しませんでした

 

幼児期から大学まで

責任をもって教育し

後継者も育てました

 

今、

家も会社も次世代へ残すことができます

 

 

ここまで歩んでこられた女性たちは

これから結婚され家庭を持つお嬢様がたに

なにを一番伝えたいのでしょう?

 

 

それは・・

 

結婚は素晴らしいです

結婚だけは是非されてください

 

私の結婚は こうでなければ

と決めつけることは 賢くありません

 

成行きがいいのです

流れに任せて一歩を踏み出していきましょう

 

結婚はいばらでも 

無駄骨でも

リスクでもありません

 

むしろ そんな産業廃棄物に

結婚という神聖なステージをしてしまうなら

 

それは結婚を正しく理解できていない可能性が

あります

 

私たちが今、

たくさんのことを二人で切り抜けて

しあわせだったといえるのは

 

自分のミッションを仕事を通して

生きていけるのは

仕事だけでなく

結婚という選択も

した結果です

 

どうぞ

たくさんの人に出会ってください

 

パーティーは気がのらないときにも

出かけてみましょうね

 

気乗りしないときに限って

運命の出会いがあるものです

 

 

 

お母さんお父さんを見て育った世代が、結婚をしたいと思わないということは

親世代にとっては 胸をつきつけられるようなショックです。

家庭がどのように子供たちの目に映ってきたのか

 

したくてもできない状況もあるのかもしれません。

しかし、どうしてもしなさいと自信をもって

子どもに言えない親自身があることも

将来に不安を覚えます。

 

不安があるときに

一番いけないこと、あとで後悔することは

現状に甘んじるという選択です。

 

難しさの範囲を調べる時間を

難しさの山をならしていく 時間に移行することで

ご自身の人生に対して

着実な歩みをスタートさせていただきたい

日頃そんな風に思って活動しています。

 

 

パネリスト経営者妻業 お三方のご紹介

すぎおかクリニック 院長夫人 杉岡直子氏

千葉県船橋市で血管とアンチエイジングの専門医として貢献される テレビでもひっ張りだこの 杉岡充爾先生の奥様として 院内の総務、経理、人事などを担当しながら、地域のお子様に英語塾を開き、指導されるしなやかな才媛。

お料理も家事も完璧にこなされ、ご主人の出版等、プロモーション活動の旗を振り、本当に眠る暇がないのに 私、ママ友村田とも 笑いのたえないお付き合いを

してくださる心の広いスーパーウーマン。妻の鑑。その根回しの実力は 男性が

もっとも妻にしたい女性No.1 と噂される。

可憐でご優秀なお嬢様と院長先生お母様と4人暮らし。

 

 

 杉岡充爾先生ご紹介
doctor

 

心臓・血管の専門医という高度な知識と技術を活かしながらも、
親しみやすさを兼ね備え、ここに来るとホッとする、
安心できる 医院を船橋市で開業。
1日170人以上の患者さんを 診療され、
地元のみならず遠方からも頼られる大評判の先生です。
病気を治すことだけにとどまらず、病気になりにくい体、
病気と闘えるからだを作るために
お忙しいなかを執筆、講演に励まれます。

 

 

ご著書紹介

なぜ、元気な人ほど突然死するのか 1日、たった3分 強い血管をつくれば健康になる!

book

 

1日10分! 強い血管をつくる5つの習慣 (DOBOOKS)

www.amazon.co.jp/dp/4495533517

 

 

 

 

株式会社人材ラボ 麹町さくら塾 社長夫人 下山美穂氏
sakura

短大卒業後、幼稚園教諭を経て、専業主婦として3人の息子を育て上げました。 子育て中は、ママ友たちとトールペイント教室を主宰したり、手づくり品のワンディショップを開催して 趣味を通じていきいき子育てを実践。

 

現在は、12年前に夫が起業した、人事教育コンサルティングの「株式会社人財ラボ」と 4年前に三男が起業した、システム開発を行う「株式会社創新ラボ」の、総務と経理のサポートされ、

 

子育ても終わって、人生の第2ラウンド!

 

このような時期に会社経営に携わることができるのは、とても幸せなこと!

 

とおっしゃる下山さんは、すでに3人のお子様はご結婚され、お嫁さんにも会社で

優しくご指導される何でもおまかせの パーフェクトマダムです。

伺った赤坂は紀尾井町の素晴らしいオフィスでは 

愛らしい笑顔が会社の太陽になられていました。

 

会社経営は、大きな家族を守ることと同じ

この2つの会社が永続して発展していくことに寄与することこそが私の使命と

話される下山さんは、「麹町さくら塾」と「スターティングノートの会」を開催されています。

 

 

 

下山博志氏ご著書

book

一流のフォロワーになるための 社長の支え方

www.amazon.co.jp/dp/4862805221

 

 

 

 

エレガントなあなたにふさわしい 素敵な男性をふり向かせる魔法のしぐさ 花嫁プレスクール メールレッスン

PCメール
携帯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事