女子総オヤジ化 男子が女子になる日

ダイエット、お肌手入れ、料理好き 男性ついに女子に?

近頃の男性は、どんな女性にもホントに優しい。

 

 

バブルの女としては

今の女性はいいなと思う。

 

 

家事だって育児だってやってもらってあたりまえ。

姑の肩なんか持たなくて 君が一番であたりまえ。

 

 

誕生日には持ちきれないほどのバラを。

よいなよいなあ・・

 

 

flower

 

 

 

イクメンなしに こども三人も生んじゃった私は

時代を間違えた感あるなあ・・・

 

 

優しくなんかしてもらってないぞよ

 

 

 

でも、それにしても

ちょっと女子は気を許しすぎでないかな・・

 

男性は優しい素振りをしているだけで

本当にすべての女性を愛しいとは思っていない

 

 

男性はパワハラ・セクハラで首が飛んだら最後だから

女子に優しくしている・・・と見える

 

 

脅迫されたナイトだ。

 

 

すべての女子に、優しい男子なんて昭和の時代には

ありえなかった。

 

モテる男子が優しくするのは

可愛い子だけ・・

 

屈辱は教育現場でふつうにあった

いじめ、ねたみ、そねみ、ゆすり・・?

そんなのは教師が立ち入る範疇ではなかった

 

 

なぜなら世の中は

強者と弱者でできあがっているから

 

 

勝つ者と負け組でできているから

 

女子力はこの血と涙から

できあがったのである

 

 

 

そういう人生不平等を高校生のときから

フラれた経験で学ぶから

 

いざ婚活のときには学習していて

必要な女子力とか

自分の値段付けに困らなかった

 

 

 

わたしは、ま、こんなとこかな

これ以上は無理でしょうね

 

という理想と現実の折り合いのつけ方を

 

自然に身につけていた

 

 

 

それがない今は結婚が難しくなって当然

一億総高望みなのだから

 

 

 

入社したら、会社の先輩がしみじみ言っていた

 

人生下を見てはいけないし

上を見るのもさらによくない・・と

 

 

 

ミスバブルは ジュリアナで踊るだけでなく

身の程 分相応という道徳も

なぜか身につけていた

 

 

じぶんの値段と売り時を

本能でかぎ分けられていた

 

 

 

 

わたしが、今の男子が女子になっていると思う理由

彼らは、料理が上手くなっている

彼らは洗濯物もちゃんと干す

 

 

彼らは きれいにお肌の手入れをしてツルツル

 

そして身長が本来の女性に近くなっている

 

 

ビッグサイズは 男性っぽくてモテないのか・・

女の子のほうが背が伸びているぞよ

 

 

とにかくこぎれいで、

右にならえで糖質ダイエット

 

女子よりダイエットで効果出すのうまい

リバウンドもない

 

 

そして、言葉もなんとなくおかまっぽい

 

 

恥じらいをみせ、爪を噛む素振りをする

カワイイ系男子40代高収入もいる

 

 

今週わたしが町中で一番怖いと思った女子化男子は

女の子とアナウンスの台本をカフェで読み合わせ

 

 

めくるページにそえた薬指の延ばし具合とそり具合が

女子そのものだった!!

 

 

 

 

身長が低くなり

お肌つるつる

 

こぎれいで家事が上手で美容オタク

 

これはもはや女性ホルモンのしわざとしか

考えられない

 

 

やはり、生態系は放射能を浴びて

狂ったのであろうか・・

 

 

やっぱりバブルの私には どうしてもわからない

どうして平井堅は うたいながら女を思って泣くのよ?

 

泣くのは女のほうなんじゃないの・・?

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=lVsp50hnMFE

 

 

そのうち、女子化したキレイ系男子は

肩をすくめて言うだろう

やった♪ ワタシ、妊娠しちゃった♪ 

 

 

 

世の中の流れは流れとして・・・あなたは一度限りの人生をどう生きたいですか?ご縁があるもないも、流れにまかせますか? ありのまま、このままをわかってくれる現状維持の自分にお似合いの人と結婚したいですか? それとも、バージョンアップし魅力を上げた状態の自分とフィットする人と人生を楽しみたいのでしょうか?

 

最大のパフォーマンスを出すオリジナルプログラムが好評です。詳しくはこちらをどうぞ

結婚する前に必ず知っておきたい 「しあわせになるための7つのレッスン」

 

 

 

エレガントなあなたにふさわしい 素敵な男性をふり向かせる魔法のしぐさ 花嫁プレスクール メールレッスン

PCメール
携帯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事