女子の婚活を左右する写真の洋服の色選び

ペン, 水, 色鉛筆, 水中, クローズ, 打撃, 空気の泡, 描画, アート

出会いを決める大事なお洋服の色

カラー診断が流行で、あなたの色はスプリング? サマー?などという会話も珍しくなくなりました。

ご自身の映える色味はたしかに大切です。

しかし、こと婚活では それだけで通せるかというとそうでもないことがあるのですね。その人らしくを出すより先に、一般ウケでゾーンを広くとりたいからです。

 

まず、会ってもらえるようにおおぜいの小さな写真のなかから 目につきやすくクリックされやすい色を選んだものがちなのです。

 

色と人の真理

色というのは なかなか魅力のある言葉です。

色気もそうですし、色をつけて とかなんとなくちょっと遊び心のある感じがします。

 

色には人のこころを掻き立てたり興奮させたり、一方沈静化して、緊張を解くなど人の脳を刺激する力があります。

 

これを婚活の初対面の男性に大いにいかすべきなのです。

 

淡いブルーは沈静化してしまう

良くお見合い写真に 清楚なブルーを選ぶ方がいます。実際にお会いするときにはふさわしいいい色ですが、クリックされるためのプロフィール写真ではどうかというと、素敵ですが印象が弱いか寂しいか やや説得力にかけます。実際に淡いブルーを素敵に着こなす女性はどんな感じでしょう? 好感度抜群ですが やや協調性に欠ける面があるのかなと思う時があります。全員が絶対そうというわけではありませんが・・。

 

ブルー、ペールグレーは沈静化 つまり手術室などで使われるように 興奮を静める働きがあります。

つまり、恋の化学反応は反応が収まってしまいます。静かになってなかったことになります。正気に戻るのです。

 

一方で 闘牛士が牛にふりかざす闘志を燃え立たせる色 赤は 興奮を起こします。男性がパーティなどで赤を着ると喜ぶのは、パーティでは非日常を求めているため 楽しい気分にさせるからです。楽しい気分にさせてくれてありがとうと言う意味で お世辞でも『赤い服いいですね』と言って下さるのだと思います。

 

 

そうしてみると婚活では淡いブルーに代表される落ち着く色は 100点とは言えない気がします。

では、どんな色で撮るのがいいのでしょう?

 

昔のナンバーワンお嫁さん色 白はどう?

1世代前の恋愛観では、男性の色に染まるのが女性のベストという価値観があり、そこでいうと、白は白無垢に代表されるように無敵の好感度ナンバーワンでした。

 

しかし、今、白のお洋服でプロフィール写真を撮影されると男性の評判はこのほか良くないのです。まっしろが逆に怖い・・という意見もあります。そこまで責任を持ちたくない、先に何色かに素敵に染まっていてくれという要望も聞きました。

 

確かに、真っ白のワンピースだけできりっとされてしまうと、死装束ではないですが インパクトが強くなりすぎてしまうようです。もし白のワンピースでとるなら スカーフやストールをかなり華やかな多彩色ものにして、遊びを持たせるなどが良いでしょう。ビビッドなボレロを羽織るのもありです。

 

婚活写真に決定的に優位な色とは?

たくさんの事例を見てきた結果をまとめると、婚活に優位に働くお洋服の色とは、

淡すぎない 華やかなピンク

コーラル

ひよこのようなイエロー

ロイヤルブルー

ピンク, マカロン, スケッチブック, 色鉛筆, ペン, 鉛筆, 図書

こんなところです。

 

間違っても写真のときに 身につけないでいただきたいのが

黒・グレー・茶・カーキ・エンジ などです。にごりのない明るい春の花壇の色を選んでください。かおうつりが良く、若々しく写ります。

 

パープルも寂しくなったり重くなる場合は避けます。印象は色だけでなく スタイルと素材の印象すべてで決まりますが、まず目に飛び込む色については、よくよく気をつけたいところです。

 

 

動画はコチラです。

 

エレガントなあなたにふさわしい 素敵な男性をふり向かせる魔法のしぐさ 花嫁プレスクール メールレッスン

PCメール
携帯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加