婚活に失敗する女性の共通点や特徴、思考パターンや行動パターンとは?

結婚相談所を運営するなか、たくさんの方を見てきましたが、婚活がうまくいってなかった方には共通点があることがわかりました。一方で、そのような方もちょっと思考パターンを変えるだけでうまくいくことも実感しております。このページを訪れた方には、これを読んで、ぜひご縁を勝ち取っていただきたいと思います。

 

当記事の概要

 

自己流はNG!スタート時点で差のつく婚活

自己流で始めがちな婚活が、どんなにいい結果を遠ざけ、不毛に終わる危険をはらむものか解説していきます。

 

 

(参考)自己流婚活は危険です
https://www.youtube.com/watch?v=Oj1ak0z2OLg

 

 

私のところにご相談に見える方は魅力的で独身でいらっしゃることが信じがたい方ばかりです。
はじめのうちは、なぜ相談に見えるのか、理由がわかりませんでした。

 

 

素敵な男性からプロポーズを受ける競争倍率は100倍!

しかし、現実には、スペックの高い男性、女性から順に良縁に恵まれるわけでもないのです。
むしろ、お見合いでは条件の良い人ほど決まるのは難しい。

 

 

その理由は「セルフイメージの高い人が探す理想のパートナーもまた理想が高い!」からなのです。
ですから、「私は平均以上に素敵だから、理想の男性にプロポーズされて当然!」と待っているのは危険!なのです。

 

 

皆がいいと思う王子クラスの男性にはなんと毎日100件のお申し込みがきているのです!

 

 

マイペースでぼちぼち婚活をしてあなたが最後の一人に選ばれる確率は何%でしょう?

素敵な男性からプロポーズを受ける競争倍率は100倍!

 

しかも、ライバルはあなたと同じレベルに素敵な女性です!

 

 

だから、プロポーズされる最後の一人に勝ち残るにはどんなに魅力的な女性であっても用意周到な準備が欠かせないのです!

 

それは、「いけないことではなく心を懸ける!真意を伝える!」ということです。

 

 

婚活で差のつくポイントとは?

ありのまま、無防備では 王子様は得られないし、「どこかにいい人いないかなあ」というショッピングモードの女性はまず男性のこころに響きません。

 

 

出会ってから 椅子に腰かける瞬間までの数分でも、

 

 

1.写真どおりにお化粧できているか
2.飛び切り柔らかい素敵な笑顔でお出迎えできたか
3.背筋をのばして すとんとまっすぐにキレイに椅子に座れたか

 

 

など、レッスンでお伝えしている差のつくポイントはいくつもあるのです。

 

そのような 心をこめたしぐさから、男性は女性のひととなりを見ています。

ハイスペックな女性に限って普段から いろいろお声がかかるので婚活のために準備という発想がなかなか持ちにくい。

 

 

「私モテますけど、なにか?」となってしまうと 準備の必要が考えられない。
そして、ご縁がないのは「素敵な独身男性がいないからだ」と、あきらめてしまうのです。

 

 

あなたに、まあまあ素敵な男性がお見合いを申し込んできたりダメ元で申し込んでみた人からイエスのお返事がきたしても、お相手は多くの候補の中の一人としてあなたを見ているのであって「私さえよければ、この人と結婚できる」と早合点するのはまだ早いのです。

 

 

競争率100倍を勝ち抜くには意外にも緻密な計画と作戦が必須なのです!
ライバルも、あなたと同じくらいチャーミングで魅力ある女性たちなのですから。

 

 

素敵な方が、ご自身にふさわしい方との結婚が難しいゆえに生涯独身を貫くことは、大変惜しいと思います。

 

結婚は神様から贈られる人生最大の贅沢のひとつであるし素敵な方同士で築く家庭から周囲が受けるベネフィットは計り知れないと思うからです。

 

 

的を絞らない婚活はかえって縁遠くなる

 

 

参考)的を絞らない婚活
https://www.youtube.com/watch?v=GpWlm6ilQkk

 

 

じぶん磨きは婚活の邪魔?

エステ、ネイル、お教室。
毎日はとてもできない懐石料理を板前さんに習ったり。
ヨガやジム、そして 海外旅行。 自己啓発セミナー・・。

 

 

時間とお金があなたの人生に捨てるほどあればいいのですが、婚活を始めると お洋服も買ったりするしなにかとお金がかかります。

 

 

肌の艶は確かに大切ですがそれさえ良ければ、結婚が決まるというものではないです。

 

 

お料理も、お仕事を 続けるのであれば先に必要になるのは、どんなに疲れていても 家族より先に起きる体力と朝ごはんと子供のお弁当のごく普通のレシピですみます。

 

 

ネイルに関してはお見合いには不要です。

 

 

婚活は受験と同じ。短期集中で!

「旅行に行くのでお見合いは先に延ばしてください」と言われると「婚活もあなたの趣味のひとつなのでしょうか」と思ってしまいます。

 

 

大学受験の夏、旅行に行ったり、しなかったのではないでしょうか?

 

婚活と受験は短期集中でするものです!

 

 

婚活は、マイペースでは 決まりません。
どちらかといえば、 お相手ペースです。

 

 

次の海外旅行はどうか結婚が決まってから、男性と一緒に行ってくださいね。

出来上がった理想の形の人を探してくるのが、婚活と思い違いをする方がいらっしゃいます。

 

 

正しい婚活は探すことと、探し出したときに気に入ってもらうじぶんを準備しておく作業です。
それから、探し出してもらった人のいいところを見つけ出す作業になります。

 

 

あなたを望んでくれた男性を好きになる努力を

多くの理想の高めの方は、見つけることに一生懸命で見付けさえすれば結婚できると思っています。
しかし、現実には 探した相手の理想はあなたのそれではない場合の方が多いのです!

 

人の趣味ですから、仕方ありません。

それで、あなたを望んでくれた男性を好きになる努力も同時に必要です。

 

 

こういう人だけは無理と言う人と大恋愛になって結婚し、しあわせになる方も実際によくおられます。

 

 

「理想=思い込み」になっていないか、確かめるために望んでくれた方とお会いすることは大事です。

 

 

「私のどこが魅力でしたか?」と聞いてみることもできます。

 

こんなタイプに私は好まれやすいという傾向をつかむことができます。

もし気の進まない方ばかり引き寄せているなら、何かを変えないと理想のタイプには会えないのです。

 

他人へのこだわりが少ないひとほどモテます。

 

 

結果的に、多くの人からモテるタイプの人が理想的な方からも好かれることが多いです。
大人の贅沢とは心を広くすることでもあります。

 

 

結婚を叶えられない人の境遇に共通点とは?

美しさと賢さと上品さとほとんどすべてのものを兼ね備えているのに、なかなか結婚を叶えられない人がいます。

 

婚活は心の持ち方ひとつです。

 

 

お見合いをするのだけれど結婚したい人に会えないという方、こんなことに思い当たる点はありませんか?

 

 

親、兄弟か友人に結婚をして苦労している人がいる

あなたの知り合いに結婚をして苦労している話ばかりしている人、結婚の大変さばかり言う人がいたらあなたが幸せな結婚を叶えるまで彼女と距離を置きましょう。

 

 

繰り返し聞かされると脳はそれを貴女にも起こる事実と勘違いしてしまいます。

 

すると、あなたが結婚したときマイナス因子を引寄せて本当にそれと同じことを現実化してしまうのです。

 

 

その人に起きたことはあなたに起こるとは限りません。

 

 

親からの刷り込みから逃れられない

あなたはもう結婚しなくていい。あなたにはその人は良くない。

さまざまな親の口出しに影響されないようにしましょう。

 

 

好みのタイプをさがし、好みのタイプが自分を好きになるかの調査が甘い

問題は、相手があなたを好きかどうかです。

結婚は相手にどれだけ寄り添えるかその価値観ですね。自分と向き合う勇気ですね。と仲人もいっています。

 

 

婚活の明暗を分けるたった一つのこと

婚活をして満足できる結果を得ようとするとやるべきことはかなりあります。

 

 

1.男性に好まれる洋服
2.ヘアスタイル
3.メイク
4.プロフィール写真での笑顔が自然
5.白い歯が7本覗いていること
6.相手のお話を引き出しよく聞くこと
7.早いお返事
6.家事スキル 

 

 

などなど・・

 

 

でも、本当に結婚できる人、プロポーズされない人の明暗を分けているのはたったひとつ!
ずばり 決めつけることをやめられるかどうかです。

 

 

では実際に、どんな決めつけを捨てるとどう考え方を変えると時間もお金もかからずに、望んだ結婚に至る人になるのでしょうか?

 

 

決まらない人→決まる人の考え方とは?

1.婚活とは相手を選ぶことだ→ 選ばれるように変えることだ

 

選ぼうとすると、どうしても自分の見られ方を忘れてしまいます。
つまり、ショッピングと男性選びを同一視してしまいます。

 

デパートならお金を出せば買えますが男性のハートは、上から目線を感じて逃げていきます。
結果として選ぼうと頑張れば頑張るほど縁遠い体質になります。

 

 

2.うまくいかない →うまくいくやり方をまだできていない

いいことはこれから起きる。たとえばお申し込みをして、なかなかイエスの返事をもらえないとき、決まらない人はすぐに、ここにいても会えないんではないかとへこんでしまいます。

 

しかし、うまくいく人と比べてみると、わざわざ失敗するように、結果を出せないように自分で仕向けています。

 

ただ、行動量がうまくいく人の1/10、速度がうまくいく人の1/10であるだけなのです。

 

 

3.まじめで自分の嗜好傾向を死守する→うまくいく人の考え方にチェンジする

 

うまくいかない人は頑固で人の意見をはねつける傾向が少しだけあります。
自分の人生を思い通りに生きてもちろんいいのです。

 

それは今までの考え方で出ている結果である今に100%満足できるのであればの話です。

しかし、たとえば いい人がいないと感じるのであれば考え方を一度脇に置いてこれまでと違ったものの捉え方に変えない限り状況は変わらないばかりかチャンスを逃し続けることで人生は生きにくくなります。

 

 

4.落ち込みました。自信を失いそうです→もっと努力が必要なのだな、自信過剰だったかも

 

ありのままの自分で 望む人がプロポーズしてくるというわけにはいかないからプレスクールで学ぶ必要があるのです。

 

まだ自分でよくわからないというときには、あと何が足りないかが見えていません。

このままだと時間とお金を浪費してしまいます。早めに手を打つために、一度個別コンサルやお仕事帰りお茶会にご参加されてみてください。

 

 

うまくいかない人はうまくいかない方法をとっているだけ。方法を変えれば結果は自然についてきます。

 

 

失ったものは良く見える

男女の関係も仕事の関係も離れるときというのは同じです。

お互いが途中で気づいている。もちろん言葉には出しません。

 

「言わないけれどだめだなあ。ここで止まってしまうなあ。先はないな。」と気づきだします。

 

 

でも・・・優しいから、相手もじぶんも、相手のことが好きだからそれを口にすることはない。

なんとなく延ばす。敢えて別れようとは言わない。

 

 

少しずつ 離れてフェイドアウトどちらも傷つかないように離れるんだなと両方わかっている。

人は失いたくない、なんでも。だって好きなのでそばにいたんだもの。

 

 

自分から「今日でおしまい」なんてどうして言えるでしょう?

 

 

そばにいたい。「その日」はいきなりやってきます。

 

 

バランスを崩して、最後は瞬く間に崩れ落ちる。何が起こったのか全く理解できない速度で時間をかけて積み上げたものは消えうせます。

 

 

廃墟のなかで突っ立って残された自分を思うことになります。

 

 

フラれる前になんで去らなかった?

うそうそ、そんなことはできっこなかった

 

 

先はないなとわかっていたけれども、まだ気持ちは好きでいたかったからなのです。

 

 

ロマンチックラブイデオロギーについて

昔は恋愛と結婚と性はべつものでした。

1960年代以降、恋愛結婚がお見合いを上回ったあたりから、日本は恋愛とは結婚をめざすものとなっていったそうです。

 

 

生涯一人だけを愛し、性的関係も最初に好きになったひとりとだけ許される・・・というような 恋愛至上主義が生まれてきたといいます。

 

 

そのような恋愛結婚を正当化したのがロマチックラブ・イデオロギーです。

 

 

武蔵野大学助教授 田中俊之氏の「男性学」によれば「恋愛結婚が増えたら結婚が窮屈になった」のだとか。何かわかるような気がします。

 

恋愛って家族愛と違うのです。

 

 

相手の気持ちを欲しくなるでしょ?

家族愛は「与える×与える」。与えるがうれしいからそばにいる。

 

 

結婚より恋愛がしたいと結婚を考えてもする女性は多いです。

 

 

20代前半だったらそれもいいかなと思います・・個人的には。

 

 

けれども、恋愛というのは数年くらいで盛り上がってしばらく続いて急転直下することもままあるものだから、そんな危険なことに運命を任せるのは大人の女性にとってはリスクが大きすぎるのです。

いいじゃないですか?

 

 

結婚相手は結婚相手として素晴らしい人がいます。

いつか突発的に恋に落ちるかもしれないけれど。でも恋愛はしたくて始まるものでないのでいいのです!

 

 

恋愛が始まるのを待って結婚しなくても・・!

 

 

もうあれ以上の人に出会えないと思う・・と思っても当然ですが・・その方はあなたを最後にしあわせにしましたか?

 

 

去っていった人は どんなに価値があってもあなたをしあわせにはできなかった人です。

 

あなただけでなく親や子もしあわせにできなければいけない。

結婚相手はだから追いかけてやっと手に入る人では難しい。

 

 

最初から本気であなたをしあわせに支えようあなたのために苦労しよう。そういう気持ちのある人です。

 

 

恋愛に固執することにあまり価値がないことは30年くらいしてようやくわかること。

素敵な恋愛は大事。でも、それと婚活が重ならなくてもそれで、十分しあわせになります。

 

 

楽しい人と結婚するとどうなるか

女性は結婚相手と大恋愛で結ばれたいと思うようです。

男性はそれほど思っていません。

 

 

昔の日本人は、恋愛はどちらかというとならぬ恋のほうが多く、結婚は家を継ぎ子孫を繁栄させる構造としてお見合いで冷静な目で決めてきたのです。

 

 

日本においては恋愛結婚はそれほどまだ根付いていないのでした・・。

しかし、恋愛結婚というものがはたしてどれほどいいのかとみると私はそうでもないと考える派です。

 

 

もちろん正解はないですが・・・

たとえば話が面白くて、いつも人気者になるような男性と結婚すると外での彼はあんなに楽しくドキドキさせてくれる話術の人だったのに、帰ってくるとドデンとひっくりかえり食事のときも案外寡黙であることがわかるでしょう。

 

 

昔からデパート外商の男性は家に帰ると仏頂面と有名であります。

そとでニコニコしてると、家では顔面筋を少しでも動かすものか・・となっていきます。

休みたいのです。

 

 

お見合いで話術にたけた人であれば、結婚後はそれは外でのお顔だからあなたにはむっつりですよ・・。

 

 

あなたひとりだけを大事にする夫はそとで、女性に対して気を使うこともしないような寡黙な人たちです。

 

 

最初は楽しい乗せ上手男子は結婚したらイライラの元男子になりかねません・・!

寡黙でたいして気遣いもない人が意外とそのあと、大事にしてくれてもいいです。

 

 

恋愛結婚は難しい!これだけの理由

お見合いはつまらない男性しか来ないのでは・・と思っている方があります。

ある男性は、お見合いは非モテのあかしとまで言います。

 

ホントは女性がよだれをたらしそうな男性が載っているのですけども、まあ、そんなに言うならしかたない・・。

 

 

それゆえ大方のかたは自然な出会いの恋愛結婚を望まれるわけです。

しかし、本当に恋愛結婚が向いているのは18歳から24歳くらいまで。それ以降は 恋愛感情だけで人に結婚を強要するのはかなり難しい。

 

 

25歳からはお見合い市場にもエントリーしながら自然な出会いをしておくのが老後のため、自分のためです。

 

 

それには、これだけの理由があります。

 

 

親しい友人だって なかなかあなたの介護費用を捻出してくれないと思います。

なぜなら、親しい友人もそのころにはいい感じにぼけたり あちこち痛めたりしヨロヨロしてきますのであなたのことまでアタマが回らないからです。

 

 

いえ、アタマより首が回りません。

 

 

ご近所だって いいとこ救急車を呼んでくれるくらいじゃないでしょうか?
お隣さんは手術の保証人のサインができません。

内縁の妻だって認められないのですから。

 

 

甥っ子、姪っ子を頼るかたもありますが負担になるので請け負わないと大きくなったら断るケースもままあります。

 

彼女らも 自分の両親と義理の両親の介護で必死です・・・。
負担をかけてもいられないです。

 

 

家族といういいも悪いも縛りのきつい関係でないと人間しんどいことは人に頼めないのです。
親が亡くなった後は・・

 

 

恋愛は平均4年で消えていくという説があります。

昔なら、婚前交渉NG、携帯、ライン、メールなし。コンビニここまでは普及なし。

アイドル等2次元彼女のビジュアル低かった・・

 

 

等々、男性としてはもっと一緒にいて望みを叶えたいのであればもう結婚するしかなかった。

 

 

それに、女性は24歳までで結婚しろと親から脅迫されているので自分が手にできなければそのまま人にさらわれて人のものになっていくのでホントに好きになったら男性はプロポーズするしか手はなかった!

 

 

だから、昔は恋愛で!ちゃんと結婚できました!

 

 

しかし、コンビニ、グラドルのレベル向上、携帯、ライン、メール、そして一億総晩婚化の世の中ではただ彼女と付き合っているだけで男性は満足。

 

 

それ以上、責任をかぶってイクメンもしなければ怒られるなどと考えると結婚なんかしたくないのが本音。

 

 

所帯を持たねばならない理由が男性側になくなってしまったのです!

ですので、4年たってだんだん恋愛自体がマンネリしてくるとここから家庭を創ろう・・と女性が意気込んでもこのまんまでいいじゃんということになり煮え切れなくなってそのうち別れてしまいます。

関係終了となります。

 

 

もし、初めからそうであれば彼女は彼とつき合わなかったでしょう。

でも、その時は彼のほうも結婚してもいいと思ってつき合いだし、盛り上がった結果、4年の時間経過により盛り下がり結婚まではしなくていいとなったのです。
ごく自然な成り行きです。

 

 

30代の女性にとって4年間翻弄されることは本当にクレバーな選択でしょうか?

男性は恋愛の先に結婚があるとは正直言って思わなくなりました!

 

 

だから30歳になったらお見合いも視野にいれながら恋愛を探してほしいと思います。

女性の人生には 楽しむ気持ちと老後の人生の予防線を張る賢さが必要です。

 

 

先の予定がぐちゃぐちゃで怖すぎて先が考えられないとなる前に

気持ちの整理にきてくださいね。

 

個人コンサルであなたの問題を解決してから、進みましょう。

 

 

マザコンは避けるべきか?

マザコン男子は 少子化ですから多いと思います。

 

 

嫁姑で苦しんでも、彼はうるさいなあ・・と布団をかぶって寝てしまうかもしれない。
気にしなきゃいいんだよとか言うかもしれない。うちがそうでしたらからね。

 

 

普通そういうとき、「そんな夫はよくない。しあわせではない。何でも話し合えない関係はダメだ」「お義母さんでなく、こちらの味方になってくれなければ」と思うでしょう?

 

 

でも・・マザコンくらいでいい男性をスルーするのはダイアモンドの原石を逃しますよ。

結婚というのはある10年くらい多少相手を立てて流しているととんでもなく化けるのです。
株みたいなもの。

 

 

最初から輝くダイアモンドを買おうとするからホントに小さな小さな石しか買えないの。

よっぽど女性として価値がないかぎりは原石が自分を気にいってくれるなら、5年、10年、20年の多少の老母のわがままなんて「かわいいね」って言わせておけばいいのです。

 

いちいち家庭をぶち壊すのもいいけれど、我慢したふりをして、お買い物とかして憂さ晴らしし、今に見ておれ、私だってぱっと花咲くときもある。

 

 

というように勉強して資格とったり子どもの教育に励んだりお料理極めたり、ワザを磨き、そのうち待ってればお姑さまは天国に行かれるのだから、それから夢のように、わがままに暮らせばいいのです。

 

 

医師の奥様で同居されていたママ友と辛いときにはあと何年あと何年・・と指おり数えて、不本意な母君の要求に耐えてました。苦笑しながら・・

 

 

すべてを手にいれるには、忍耐デキるチカラが絶対必要です。

 

 

こだわらない心、そんなとんでもないわがままな義母を人間として可愛いなとみてあげればいいのだ。

 

 

いつか耐えてくれたあなたに旦那様は大感謝して妻コンになりかしずきますよ。

 

 

人生は長いスパンで判断しないと美味しい味は味わえません。

 

 

こんな人を選んではいけない!

あなたの彼がもし、優柔不断でそこそこ素敵な男子であれば、その人と結婚できるかどうかは賭けです。

 

 

親しくしていても結婚してくれる可能性はあまりありません。

なぜならそのような男子はモテる癖に寂しがり屋でどんなときもキープを欲しがる。

 

 

だから、煮え切らない。これでいいじゃん、結婚なんかしなくってくらいに思っている。

ですので、 あなたは待つのもいけないなにも進展しないから・・

ましてや同棲を求めてはいけない。同棲しても結婚しないから。

 

 

ただ、ひとことこう言ってみて。「結婚できないなら二度と会いません」と。

女性は5年10年危機感が働くのが遅いと思うのです。

 

 

だらだら伸ばして大事な時間を失うことは老後にとても関わってきます。

しっかり自分を守るためにきっぱり言っちゃってください。

 

 

優柔不断王子は50歳になっても、ああ、まだ独身でいたかったとぼやいていますから・・・。

 

 

お見合いのいいところは3か月の交際で白黒はっきりさせられるところです。

 

 

恋愛だと自分で人生のリスクを背負わなければならないから。結構重いですよね。

 

 

思考グセを変えれば信じられないほどラクになる

思考のひずみ、認知のずれが大変さを生んでしまう

努力の先に成功があるのではなく、逆なのゴールまでの日にちで割り算してあとは進んでいくと考えたほうがラクなの。

 

 

じゃないと死ぬほど努力してるのにいったい わたしにゴールはあるのかよお・・・!!って怒りマークがきちゃうでしょ。

 

 

怒りマークというものは1ミリでも生まれたら女の人はおしまいよ。

恋も生まれない、仕事も進まない、夢も希望もなくてしわがよる。

 

 

ぜったいつまんないじゃない?だから怒らない。

 

 

romanticのが いいに決まってるもの。たとえ80歳になってもね。

違った筋肉を鍛えると目的と違った方向に進んでいってしまいますね。

 

 

でも 毎日すこ~しずつずれるので、思考の癖とか認知のひずみは本人は意識しづらい。

少しずつずれても1年では大幅にゴールから離れてしまうんです。

 

 

ときどき修正をしたほうがいいみたいです。

人間の潜在意識って不思議だから。お話をしながら見つけていくことができます。

 

 

絶対言ってはいけないひとこと

結婚が決まらない人、あるいは結婚したけど上手くしあわせになれない人が口にしている言葉No.1が不平です。

 

 

不平を言うとたいてい男性にはフラれます。
いい感じであったとしても、相性は悪くないにしてもさよならになります。

それは・・・不平とは思いやりの対極にある言葉だからです。

 

 

自分の立場でしかものを見ていないのです。

 

 

また、こんなこともあります。

お断りされたとき、いや、私もよく、そこまでいいと思ってたわけじゃないといういい方があります。

 

 

また、「話が盛り上がらなかったから×です」と報告を受けることがあります。

 

 

どちらも、女性が上から目線です。

 

 

これは間違いなく嫌われます。

 

 

なぜかというと、話が盛り上がらなかった理由は、たいてい男性のほうががっかりしてしゃべる気にもなれなかったということが往々にしてあるのです。

 

 

それで、同じダメだったと思うにしても、話がつまらないのではなくてこう考えてみてください。

 

 

思考グセを変えると、みるみるうちに発展します。

 

 

「今日の方は、うまく盛り上げて差し上げられなかった。楽しませてあげられなかった。まだまだだわ・・」と。

 

 

まとめると、不平を言うのも、盛り上がらなかったとしても、大事なポイントは原因を他者でなく自分の気持ちにさがすことです。

 

 

何か相手に関してマイナスを感じたときは不思議にコンマ一秒相手が先にあなたに不満を感じています。

 

 

盛り上がらなかったから断りますという場合、7割は「相手から先に写真と違いました。感性が合いません。話が盛り上がらない」と言われてお断りがきているのですね。

 

 

婚活とは最後の最後まで相手の気持ちをほぐすワザです。

 

 

結果がよくないときは「まだ伸びしろがあるのだなあ。先が楽しみだ。」というように考える人が幸運を手にする人です。

 

 

いい人がいないと思ってしまったときの思考グセ

「いい人いないよね~」「いても既婚だよね~」「お見合いって変わってる人多くない?」

女性の婚活ブーイングは だいたいこんな感じです。

 

 

でも、全体を見ている私からは女性も男性も婚活をする人は変な人ばかり。なんて全然思いません。

男性なんて優しくて色気があってお金もちでなんていますよ~。いますいます。

 

 

ああ、独身なら絶対エントリーしたと思うような方!が(笑)

つまり・・あなたの前に今、たまたまいい人が出てきてないだけです。

 

 

それはなぜ?

 

 

人間は同じような意識のレベル同士が出会うようにできているからです。

 

 

お見合いみたいに外部からの縁でどうですか?って聞かれるご縁の場合、人との出逢いの偶然を軽く扱うことが多いようです。

 

 

「え~。こんなへんなやつを私に会わせるなんて」という怒りでしょうか。

 

 

変に見えるあの人との出逢いも運命の人に出会うまでの学びがなにか隠されていてそれを一回で学習できない場合、なんどもなんども神さまは同じ球を投げてきます。

 

 

「いい人いない」は、絶対言ってはいけない。

 

 

いい人なんて既婚も含めたら一生かかっても声をかけられないくらいいるわけで、要は現在の自分がまだいい人と互角に闘える人間力まで成長できていない可能性があるというだけです。

 

 

成長すれば入手可能範囲に必ず入ってくる。

 

 

「いい人いないもん、ばかばかしいねやめちゃおか婚活」って言ったとたん、成長を止めていることに気づいてほしいのです。

 

 

痛みがあっても死ぬまで変わって伸びていくほうが人生は絶対楽しい!!

 

 

あきらめなんて死んでからで十分。前進あるのみ。
宝は時期を見て必ずふってきます。

 

 

わたしは〇〇な人だからと自分を決めつけて放置する

30年も40年も生きていたら、それは誰でも変な癖があるのです。

 

 

あるいは、正しすぎて人を寄せ付けない癖とか、まじめすぎて面白くない癖とか、着ているものや表情が暗すぎるとか、そういう人に出会ったとき「わたし、そういうの苦手な人だから・・」と、○○な人だから・・で片付けないことです。

 

 

女子会だとうわ~。それないわ、私もダメダメ、そういうタイプなんて笑いとばして終わりでしょうが男性だって言わないけども、ひどいこと、ほんとにいろいろ腹のなかでは感じていますよ。

女性が聞いたらそれこそ傷つく勝手なこと。

 

 

わたしは、〇〇な人だから、と自分を決めつけて放置するのはやめておきましょう。

わたしって〇〇な人だからは、男性がもっとも可愛くない女性と思う大嫌いパターンの代表です。

子供じみているでしょ?発想が。

 

 

この先、加齢していくわけでずっと定位置でお姫様しているとそれこそ変です。

変な男性からすら申し込みされなくなってしまいます。

 

 

そこまでして結婚したくない

婚活をして、見た目は良いのに決まらない方には共通点があります。

 

 

それは、とにかく自分の現況を超えて理想が高いということです。

 

 

自分はそこそこもてるし、ビジュアルもいいのでつり合いを考えると、理想は高くなりがちだと本気で信じるタイプ。

 

 

このタイプは、かなりの確率で一生独身を通すことになるかもしれないです。

完全に自分の満足しか求めていず、そういう人を男性は結婚相手にしません。

 

 

理想の高い男性は自身も相当要求が高く、見た目や育ちがいいだけでは彼をしとめることは残念ながら無理。

 

 

彼らの理想は女優張りの美しさと心と、正確の素直なかわいらしさ、女子同士がええ?そこまでやる?

 

 

無理~、そこまでやるなら結婚したくないわと女子の間ではひんしゅくを買ってしまいそうなこと、可愛すぎなこともさらっと言ったりやったりできてしまう。

 

 

完全におもてなし系、愛嬌系の女性、しかも、経済感覚は質素というわけなので、男性の要求と女性側はかみ合わない。

 

 

「わたしは理想が高い」ということを翻訳すると、理想に合う人がいないというよりいても断られてしまう確率多しということです。

 

 

それは、自分のことしか考えていないからです。

 

 

結婚とは愛を与えること、つまり、相手を喜ばすことからすべてが始まりますが、そこを人を選ぶのと猫を選ぶのと、少し勘違いされてしまうのです。

 

 

相手も同時に選んでいるということです。

 

 

理想どおりじゃなきゃいやだと小さい子みたいに駄々をこねる場合は、あなたが80歳でボケてしまったとき、ボケなくても腕や足がいたくて自分でお湯をわかせなくなったり、服の後ろファスナーに腕が回らなくなっても一人で生きていくことはできるのかそれだけを心に問うてください。

 

 

施設を利用するということは、今、決められないパートナー以上に何も選べない状況がやってきます。

 

 

施設の職員の方が好みかどうか保証はなく、同じ部屋の人はあなたと性格の合う方かどうかわかりません。

 

 

100歳までを 誰に頼ることなく本当に生きられるでしょうか?
もし、甥姪を頼るとしても、彼らもすでにそのころ要介護にくるわけです。

 

 

結婚するしないと決めるときは

 

・結婚しないでいたらほかにすべきことをチェックする
・今でなく30年後を考えて 本当に最後を国に任せる人生でよいのかを相手への理想条件と照らし合わせて考える

 

このふたつです。

 

 

「そこまでして結婚したくはないわ~」というタカピーな思考グセは、男性がなんて頑固な人だろうと引く最悪のものです。

 

 

やめたほうが、格段にラクに生きられるようになります。

 

 

結婚できない人の思考グセランキング7

1.頑固で自分の「こうでなければいけない」から成長できない
→ 男性からすると、一緒にいて楽しめない
お見合いでは、話が盛り上がらない

 

 

2.相手の短所を見つけてこだわる
→断った男性の悪口などに1秒でも時間を使う暇はないです

 

 

3.判断の基準を作れない
→「優しさ、誠実さ」と「経済力、浮気しない」は相いれない要素です。

何方をとるのかを決めることができない。
欲張って両方とろうとするから永遠に決められない。

イクメンで、あなたを盛り上げてくれる人がいいのか、社会での成功、経済力で決めるのか二者択一であると気づかない。

 

 

4.占い、女子トーク、ほかの権威の意見がやめとけばであると、すぐに信じる

→この派閥の方は、依存から抜けていないため男性にそれを見破られて、いつまでも決まりません。
依存体質は頑固と並んで、避けられるタイプです。

 

 

厳しい内容ですがこれらは現実であります。

誠実な人とほとんどの女性が口にしますがそれは翻訳するとあまり面白味がない人となります。

 

 

面白ければ他の女性が寄ってきますし、面白いという人は、リスクをとっても面白いことをし続ける人ですから、あなた以外の女性にも興味を示すし、イクメンとか家事協力はないと思っていいと思います。

 

 

してくれるかもしれませんがそれを要求する女性を彼らは選ばないからです。

あれもこれもと欲張ることはこんなに自分を不幸にするのですね。

 

 

いかがでしょうか?

 

 

ズバッと言ってしまいましたが、まとめると大人になれていない要素が隠れているかもしれません。

これらを脱却するのに最適な思考はリスクと冒険への挑戦ほど人を魅力的に成長させてくれるものはないということです。

 

 

勇気を持った分だけ人はしあわせになるとなります。

足りないものがあるとしたら女子力でなく勇気なのかもしれません。

 

 

やめるだけで運気が上がる勘違い

本人は気づいていないけれど、ああ、それを言わないほうがいいのに、そう答えないほうがいいのに、惜しい・・いいチャンスだったのに、どぶに捨てているなあ、ということがあります。

 

 

これをやめるといまより絶対に運気が上がります。

 

 

1.「今月はずっと予定があるんです」と言わない

また会いましょうとなったのに、ひと月さきまで会えません、となったらそれは協調性がなさすぎです。

会えないなら、会いたいと答えないべき、常に自分でなくお相手の目線で敬意を払うことです。

とても素敵な人であろうが、普通に素敵な人であろうが、その態度は変えてはいけません。

30分でもいいから隙間時間をつくり会いにいきましょう。

 

 

2.交際中なのに、女子との予定や趣味、旅行で会えないという

普通に恋愛の関係で結婚は特に考えていないならまったく問題はありません。

でも30歳になって真剣に考えるべき時が来たなら、その人とご縁があるかないかは、ずるずるでなく、きわめて短期間に判断してダメなら次へ。これが正解です。

 

 

好きだから何年もずるずるはやめるが勝ち。

それは恋愛の縁で結婚の縁ではなかったということです。

 

 

結婚を感情で決めようとするとその後の離婚につながりやすいと思います。

 

 

家庭は経営です。

 

大恋愛と結婚を=で結ばないようにしていくと困りません。

 

 

婚活失敗する人の共通思考パターンとは?

・白黒はっきりしないと気がすまない
・スタートだけ超熱心、3か月で失速
・フラれた経験がなく、断られることに慣れない
・うまくいかないのは自分だけと思う
・努力したら必ず実ると過信してしまう
・自分がしあわせになれないのは不公平だと思う
・男性心理を理解できない
・コスパの悪い結婚なら しないほうがいいと思っている

 

 

すべては思考グセから

自分の仕事も子供の受験のフォローも、旦那さんのプロデュースも、もっと身近なところでは、恋人との関係も 出会いも・・・

 

 

みんなみ~んな、すぐかなう人っていませんか?

私って全部叶うの・・ふふふ、とばかり自信満々に見える人、うらやましいなあ・・・

なんでものごとがその人に有利にはたらいていくんだろう?

 

 

格別美人でも、仕事できるわけでもないのに・・・、性格がいいわけでもスタイルがいいわけでもないのに。

 

 

理由はたったひとつなんですね。

 

 

私は運がいいっていつも言っています。

 

 

そういうおめでたい人って、なんで運がいいのでしょうか?

 

 

運がいいって信じている人はうまくいくことを先に信用しているんです。

疑わないんです。

 

 

自分の力も足りるし、足りないときは、誰かが助けにくるにきまってると慌てもしません。

これがうまくいく人の思考グセです。

 

 

「ああ・・わたし?うまくいくに決まっているから」と脳に暗示をかけられる力が思考グセです。
人間の脳は5%だかしか働いていないといいますよね。

 

 

もし、休んでる95%をフル稼働させたら、私だって大活躍できちゃいますよね。

反対に悲観的なことを癖にしたら できる5%も休んで怠けますね。

 

だから成功できなくて皿に疲れます。

 

 

思考グセはどんな美容法よりもほんとは大事な生きるためのサプリです。

 

 

思考グセで何でもできるに決まってると思える人は5%じゃなく20%ぐらいを使っているのだと思います。

 

ただ脳に指令をだしただけです。

 

 

手にいれたいゴールのため、この脳に暗示をかけることをぜひ実際にやってみましょう。

 

 

「しあわせ上手になるための思考グセ講座」1dayコンサル、個別予約をお受けしています。3か月、6か月一緒に実践していくコースもあります。

自分の思考パターンを、常に成功する人のそれに置き換える作業で、何に挑戦しても疲れないで達成できるなります。よろしけれは、こちらをお読みください。

 

幸せになる人逃す人の思考グセ

 

 

エレガントなあなたにふさわしい 素敵な男性をふり向かせる魔法のしぐさ 花嫁プレスクール メールレッスン

PCメール
携帯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事