結婚相談所にはどんな男性が登録しているの?モテない人?会話弾まない?年収や職業は?

 

あなたは、結婚相談所に登録したことはありますか?
もしくは、アプリだけじゃなくて、結婚相談所も使ってみようかなと思ったことはありますか?

 

もし、結婚あなたは、結婚相談所に登録したことはありますか?

もしくは、アプリだけじゃなくて、結婚相談所も使ってみようかなと思ったことはありますか?

 

もし、結婚相談所に入った経験がないのなら、「ぶっちゃけ、結婚相談所のことはよくわからないけど、いい人いないんじゃない、会話できないとか真面目過ぎるとか・・」という人は多いのではないでしょうか。

また、「女性は綺麗な人多いけど、男性はどんな人が入るのか全く見当つかない」という人もいるのではないでしょうか?

「なんだかんだ、モテない男性が多いんじゃないの?」と思っていたなら

 

おおお、なんてもったいない・・・!!

 

なぜなら、結婚相談所には、とくに30代前半の場合、普通にしていたら会えないハイグレードな男性も多く登録しているからです。結婚相談所に登録している男性は、モテないどころじゃありません。モテすぎて、変な虫がつかないうちに選び抜きたい!という男性も少なくありません

彼らは普通に生きていても、女の子なら寄ってきますし、アプリなどに入ったら顔もいいし属性もいいしで、オファーされまくりで辟易。

こういう肉食女子は僕は苦手。本当に自分にふさわしい上品な人と結婚したい。多方面から見て合格点の人を選びたい

 

というわけで、結婚相談所に入るのです。

こんにちは。
村田弘子です。

 

 

動画はこちら

 

結婚相談所は費用が高い、わかりづらいと思われがちですが、3分もあれば、その真実のからくりを理解できるんです。
プロになるなら本格的な準備が必要ですが、普通に結婚相談所の利用を検討する人であれば、今回の記事を読んでおけば十分なんです。

いつもなんとなく「値段が高いからアプリでいいや」って言っちゃう方には、今回の記事を読んでいただき、「じゃ、アプリは数稽古で、本番は結婚相談所で」という感じで用途に応じて使いこなし、早く婚活を卒業していただきたいです!

それではまいります。

 

結婚相談所に登録しているはこの4パターン!

1.名家の御曹司

 

結婚相談所にはまず、20代から30代前半で、名家の御曹司が登録されています。

 

オファーされ過ぎて、実は婚活づかれしているハイスペック男子

 

 

意外に思われるかもしれませんが、スペックの高すぎるおうちの男性は、大学の時から体育会の女子マネージャーに言い寄られ、アプリでもオファーされ過ぎて、婚活疲れしています。みんな自分のお金や属性目当てで言い寄ってくるのではと、女性不信になりかけています。

言い寄られる人ではなくて、「自分が選んでお嫁さんを決めたい」・・彼らはそんな風に思っているのですね。モテるとわかっているからこそ、好意を見せる女性には懐疑的です。自分の尺度で理想を貫きたいのです。女性は、思う人でなく思われる人と結婚した方が幸せと言われるのもこういうからくりからです。

 

御曹司はお母様が嫁を選びたいと思っている

名家の御曹司イケメン高学歴となると、それは言ってみれば、お母様が相当な根性をかけて、手塩にかけて育てた賜物です。お母様にしたら、大学時代からコンパやサークルで息子に寄ってくる、「そんじょそこらの女」と結婚はしてほしくありません。そんじょそこら・・とはずいぶんな言葉ですが、これは、Amazonプライムビデオ、バチェラーシーズン2の小柳津さんのお母様が、インタビューのなかで、そんな風におっしゃっていたので、記憶に残っております。「そんじょそこらの女性とは結婚してほしくありませんね・・」と。

 

 

「うちにふさわしい令嬢と結婚していい子を産んで高い教育をできる女性」と思って当然というところでしょう。「子どもより自分のキャリア優先のバリキャリ女性は好みません」とか、「受験をした経験のない方にはうちの嫁は難しい」と考えられるお母様も少なくありません。時代は男女平等になっても、そうそう名家の嫁になるのは、ハードルがあるのですね。

代々続いてきた家のお世継ぎを育てることが使命のひとつだったりしますから、これは人道的に云々ではないのです。

 

2. 学生時代の彼女と早めに結婚、離婚

なんでもそうですが、世の中には青田刈りというものがあり、本当に良質な男性というものは、大学時代に狩られてしまいます。在学中に授かり婚するカップルも東大をはじめとする難関校や医学部などでは、ときどきあったりします。

息子の学生時代のクラブの友人を見ていても、「ああ、いい人順にやはり男性も結婚決まっていくなあ」と思ってため息をついた経験があります。

 

そんな風に20代のうちに、さっと結婚し、なんなら25歳で二児のパパになる男性もありますが、男性はまだ入社したて、育児家事シェアする余裕がありません。女性もまだ20代、自分は遊ばずにお母さんになっていったん社会から分断された気すらしますので、よほど実家の応援体制がないと、なかなか精神的にもきつくなっていきます。

 

それで、早婚は早婚でなかなかに夫婦が円満にお互いを守りあうことが難しく、時には爆発が修復できなくてお互いに別の道になることもあります。
そんな早期結婚リセット組も、30代全般から結婚相談所に登録します。リアルで彼女はできても、最後にバツイチで子どもがあるとわかると、お別れということを避けたいためです。わかったうえでおつき合いし、結婚してくれる女性を真剣に探します。

 

3.いい人がいたら結婚が口癖の男性があるとき、同窓会で友人のお子さんの写真を見て登録する

30歳までに結婚しないと、どこかで男性も急がなくてもモテるのでいいやとか、焦らずに「いい人がいたら結婚」と思って悠長に構えてしまいがちです。その根底には、「男性は女性と違い、いくつになっても結婚できる」という間違った認識が根深くあります。

 

「加藤茶さんだって若い女性と結婚したやん」とのお声もよく聞きますが、それは芸能人、有名人だからということもあるかもしれません。今どきは、女性の考え方が変わり、特に婚活をする女性は「定年までの年齢を引き算して」人を見ているかなと思うことがよくあります。

 

綺麗な女性と恋愛を繰り返し、自分の自由を満喫して満足してきた30代男性が、ふと同窓会の場で、友人のスマホの待ち受けが、愛児がよだれを垂らして笑っている写真に変わっているのを横目で見たとき、ふっと我に返ります。

 

待てよ、オレのしてきた独身貴族ってほんまのしあわせと違うんか?

人生にはひとりの自由とはまた違う、家庭という豊かさがあるのかな

 


独身時代を長く楽しんだ30代が、一念発起するのは、そのような時で、彼はモテるほうではありますが、ちゃんと登録していい人を探し始めます。

 

4.理想が高すぎ、気づいたら50代に入ったセレブ男性

港区おじさんと言われるような、お金もあって見栄えもよくて、女の人がつい惚れてしまうような外車に乗り、華やかな暮らしを楽しみ続けてきたビジネスマン。多くは歯科医とか経営者、士業の方、一部上場企業の役付き会社員ですが、そのような方もいよいよ60歳の還暦が視野に入ってくると、結婚した方がいいかなと感じ始めます。

孤独死だけはいやだとはっきり仰る方もあります。

 

彼らは初婚でも、女性経験は豊富ですし、とにかく外見上の理想が高くて、普通にモデルレベルを基本条件とします。また、どちらかというと家柄や相手の資力よりは、とにかくお子様を欲しいために年齢にはこだわり抜く方が多いです。

場合によっては親子ほどの年齢差でも、自信があるので、女性の年齢を上げてまで結婚相手を決めようとはなかなか思えません。

 

ところがバブル時代と違い、女性のほうが年齢差の少ない結婚に流れだしており、50代なかばで絶対お子様を欲しいとなると、国際結婚も含めた検討をされる方もあります。日本人にこだわる場合も、お金をかけて積極的な婚活をしていきます。

 

まとめ 結婚相談所に登録する男性の真実

いかがでしたでしょうか?このように見てくると、結婚相談所に登録する男性には、パターンが何通りかあり、知らないで考えていた「結婚相談所に登録する男性は、会話のキャッチボールができない人」「女性経験のない人、エスコートできない人」「自分の仕事のことばかり話すマシンガントークの人」とは決めつけられないことがわかって頂けたかと思います。

 

そればかりか、ターゲットを絞って利用すると、

アプリだけでなく、結婚相談所という選択も、ありっちゃあありなんだろうな

とご理解いただけたかもしれません。

 

実際にあなたの婚活に結婚相談所のシステムがお役に立てるのか、向かないかは、おひとりずつ、状況やご希望をお会いしてお聞きしないと、いい加減な返答はできません。ご興味のある方は、無料相談をしていますので、ご利用ください。

 

婚活が成功するコツを、ほかにも動画で知りたい方は

村田【婚活チャンネル】もチャンネル登録お願いいたします。

 

 

無料面談こちら

エレガントなあなたにふさわしい 素敵な男性をふり向かせる魔法のしぐさ 花嫁プレスクール メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加