20代で結婚したくない女性にとって、卵子冷凍は将来の婚活のブランドになるのか

 よくある20代婚活女性のお声
「仕事が忙しいし、まだやりたいこともあるから結婚はしたくない」「そうはいってもアラフォーになったら、歳の差の少ない人と結婚したい。どうしたらいいのかな」

そんなお声について解決法を考えてみます。

 

 

チェック マーク, 補助目盛り, チェック, 修正, わかりました, はい, 緑 20代で結婚しないときかんがえるべきこと 本記事の内容

 

✅ スペック高い男性ほど、32歳まで、年下にこだわる現実

✅ アラフォーになって本当に結婚したくなったとき、卵子凍結はステータスになる?

✅ 婚活費用と不妊治療でおよそ200万は20代で貯金しておかないといけないお話

 

本業は四ツ谷で結婚相談所を主宰の結婚カウンセラーですが、毎日、夜遅くまで会員さんと恋愛相談をしています。最近は20代30代の男性会員も増えてきました。

そのおかげもあり、婚活する男性が何にこだわっているのかがよくわかってきまして、生の声を、毎日会員さんにお伝えしています。

 

参考:しあわせ相談倶楽部 人生の可能性の最大化を図るコンサルを強みに持つ、総合相談室です。

 

 

この頃思うことは、「将来いい結婚をしたかったら、20代でしっかり妊活しておくことはとても大切」ということです。
 
 
 

そこで今回は「20代で結婚しない女性があとで結婚したくなったとき、できるだけ歳の差の少ない男性と結婚するためにしておくべきこと」を、とてもわかり易く解説しようと思います。

最近は男性から、「この方は卵子は凍結されていますか?」と質問されることもでてきましたので、この記事の考え方を頭に置くだけでも、幸せな結婚のヒントになるはずです。「今すぐは結婚しないけれどいつかは」とお考えの方は、ぜひ記事をご覧ください。

 

チェック マーク, 補助目盛り, チェック, 修正, わかりました, はい, 緑 参考情報

 

今すぐではないけどいつかいい結婚がしたい方は、この記事とセットで【花嫁プレスクールメールレッスン】もご覧いただけたらと思います。毎朝3分読むだけで、幸せをつかむ思考が育っていきます。結果、読者さんがいいお相手と出会い、結婚されることが続くようになってきました。
 

 スペック高い男性ほど、32歳まで、年下にこだわる現実

医師や経営者など、後継者が必要な男性は、本能的に、お子さんを複数生む可能性の高い年齢の女性を選びます。

それは女性の年齢への偏見や好みではなく、本当に身内で事業を継いでいくうえで、死活問題であるから仕方のないことともいえるでしょう。

 

女性はいつの時代も、条件の良い男性に安心感を持つものですが、本気で好条件の整った男性との結婚を狙うのであれば、なにをおいても、一年でも早く、30歳前半をめどにして、婚活を終了させるくらいの覚悟が必要です。候補者を手にいれるときの、対抗馬が若い女性たちになると、最後に残る可能性はどんどん少なくなるのは、自然の理なのです。

 

自然, 地球, 持続可能性, 葉, 注意, サイクル, 緑, 生態学, グローブ

 

 アラフォーになって本当に結婚したくなったとき、卵子凍結はブランドになる?

最近は40代で婚活をされる女性が非常に多く、多くの方が40代の男性との結婚を望みます。40代は男盛りモテ期になるため、収入が高ければ高いほど、30代の女性も大いに彼らにオファーをします。

 

そのときに、40代女性から申し込まれた男性が、この方は卵子は凍結してありますか?と聞いてこられたりします。

 

最初は、え?と思いましたが、人間的にはとても素晴らしい人だが、男性が子どもを諦めきれなくて、その女性にyesと言えないとき、卵子凍結してあるということは、安心の材料になるのでしょう。

 

生命の奇跡は、自然の摂理にできるだけ逆らわないのがよさそうですが、場合によっては、女性が凍結済み、未凍結という風に、プロフィール上に項目ができる時代となるかもしれません。

 

 

婚活費用と不妊治療として200万は20代で貯金しておかないといけない

不妊治療自体は、とても高額なものですが、20代を結婚・出産以外に費やすことを決めたのなら、30代40代で結婚するときのために、少なくとも婚活と妊活に作う費用の一部を貯めておく必要があります。独身時代に遊んでおけという、気楽な発想だと結婚しようとして、資金ショートに泣くことになります。

 

今のうちに海外旅行に自由に行って、独身を満喫しようと考えるのもいいですが、そのためにあとで困ることのないように、人生の歩き方とそのための資金づくりは、いつも連動していることが望ましいですね。

 

まとめ

20代の元気な卵子を採卵しておき、出産しておくときまで凍結しておく卵子凍結は、一つの選択肢になるかもしれません。

しかし、卵子は凍結してあるから、いつまで出産を先延ばしをしても平気と慢心するのも、健康上、心配な部分もあります。

一番大事なことは、出産や結婚という、人間が予測不可能なものに対し、仕事の差支えと捉えるか、両立を求めていくのかという問題になるかもしれません。

 

出産だけでなく親の介護もそうですが、大変そうに思えることを回避する道もありますが、受け入れることで得られる、人としての充足感にも、はかりしれないものがあるのではないでしょうか。

卵子凍結は、しないよりしておいた方が良さそうな面もありつつ、凍結せずすぐに出産をする方向で、周りも支援していきたいです。

エレガントなあなたにふさわしい 素敵な男性をふり向かせる魔法のしぐさ 花嫁プレスクール メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加