男性は好かれたら妥協で結婚できるが、女性は妥協できない3つの理由

男性は女性に好かれたら妥協して結婚できるVs女性はできない それはなぜ?

妥協というと、女性がするもののようにとらえられがちですが、男性と話していると、結婚を決めるにあたり、男性側も相当妥協して決めていることがわかります。女性に好きと言われまくられたら妥協できる男性、言われたら逆に引いてしまいがちな女性、その差の理由を結婚カウンセラーが探ってみました。

 

 

 

 

 

もともとは 男性にも妥協したくない理想の女性像がある

女性のほうが男性に近寄られたとき、この人どこか疑わしいところはないか?と疑念を持ってみてしまうようです。女性のほうが理想が高いように見えますが、実際には「こんな人がいい」という基準なら、男性も十分に持っているのですね。「若くてきれい」から始まり、「甘えさせてくれる人」「気持ちが安定している人」「身長の高い人」「たくさん稼ぎのある専門職の女性」、私が最近一番耳にする、男性の女性への希望はこんなところでしょうか?

 

 

女性は理想の王子像からしか自分の結婚相手を決められない

女性は理想に関して 徹頭徹尾条件を変えない人も多いです。一度お見合いしても、理想に近いイメージでないとなかなか交際にいたりません。なかには 「自分が太めなので、旦那さんだけはスリムがいいと思っていた」が、太った男性と結婚してしまった、大恋愛してしまったという例もありますが、レアなケースということができます。

 

女性はダンセイの見た目そのほかで、パッと見て違うと脳が判断すると、その先なにをされても恋愛に進展できないのです。多くの場合は。

 

 

 

男性は最初はそう良くないと思っても、言い寄られると心が動いていく

それに対し、男性は外見は好みの北川景子、堀北真希とだいぶ違っても、「あなたのことが大好きなんです」オーラが放たれてると、そばにいた男性は、悪い気がしなくなる、女性のいい面を探そうとし始める・・そしてたまたま仕事で疲れてナーバスになっていたときに、母性で包み込む包容力を見せられると、たまらずに、こてん~と彼女にハートを預けてしまう。そんなケースが日常よく見られるのですね。

 

まあ、特段美人ってわけじゃないけど、あんな笑顔を見せてくれるならいいか・・

自分だってもういい年齢だし

 

 

 

 

 

男性が理想を投げうち、妥協してでも結婚しようと決心する3つの理由

1.女性が自分だけを見ていてくれると確信できないと、男性はプロポ―スできない つまり、結婚できない

綺麗で綾瀬はるかにどんなに似ていたとしても、あまり脈がなく、むしろほかの男性に行ってしまいそうな雰囲気があれば、男性は女性にプロポーズしようとは思わない。断られる可能性が38%以上あれば、男性は可能性ゼロとみなす。

 

2.どんなに成功している男性でも、社会で勝ち抜いていくのには、あなただけと献身的に支えてくれる人が必要。自分をバックアップしてくれる気のない女性と一緒になっても、苦労するだけだと賢い男性はわかっている

 

3.女性より男性のほうが、結婚とただおつき合いする人を脳が分けて考える。あるいは、結婚を意識しだしたら、それ用の人を探す。

対して、女性は一生、王子様を探しやすい。

 

+ 新規カテゴリーを追加

 

まとめ:男性がある程度妥協しても結婚していくなかで、女性がいい結婚を叶えるのに必要なこと

女性のほうが、結婚に妥協しづらいということがわかったうえで、妥協しづらいだけの理由で、ずっと結婚できないリスクを避けるには、ズバリ、やることは次のふたつです!

 

1.理想の男性が振り向くような女性に自身を上げる

→ シンデレラプロデュースプラン For Marriage

詳しくは、コチラ 

http://hanayome-preschool.com/cinderella

 

 

 

2.今、男性が結婚に何を求めるのか?男性心理を的確につかむ

 

結婚の豊さと本質をつかむ、本当に上質な女性の人生のための必読書

私の書きました一冊 現場からのレポートです

 

 

https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-B071V5WVL4/s?ie=UTF8&page=1&rh=i%3Abooks%2Cp_27%3A%E8%8A%B1%E5%B2%A1%20%E7%91%A0%E4%BD%B3&sort=relevance

 

アマゾンのプライム会員限定ですが、今なら20%オフでPOD本が購入可能です。 https://goo.gl/dGhbgH

エレガントなあなたにふさわしい 素敵な男性をふり向かせる魔法のしぐさ 花嫁プレスクール メールレッスン

PCメール
携帯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事